「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

古民家でそばを食べる@池田屋

 友人に素敵な温泉があるよ、と教えてもらって行くついでに周りを調べたらお蕎麦屋さんを発見したのでお昼に行ってみました。
 静岡市の瀬名から北へ抜けて、北高の横を通って、いわゆる竜爪街道を北上します。
 着いたのが「池田屋」さんです。
 ここ、ものすごい切り返しになっていて、下からそのままでは車で入れそうにないです。
 少し先に行くとお寺の駐車場があるので、そこでUターンして入るのが良さそうです。
a0023397_07055019.jpg

山あいでとっても、緑豊かです。近くに新東名が見えます。
a0023397_07055034.jpg
お店は築100年以上は経ってる古民家でした。こちらに代々住んでいる方が営んでいるようで、ちょっと生活感のある店内です。
a0023397_07055043.jpg
静岡の夏。
a0023397_07055015.jpg
小物がかわいい。
a0023397_07055051.jpg

お蕎麦は手打ちの十割そばです。
メニューはシンプルで、皿そば(ざるそば)のほかに天ぷらそば、おろしそば、しいたけそばなど。温かいそばもあります。
a0023397_07055113.jpg
皿そば850円(税込)。
十割なのでちょっとボソボソしていますが、そばの甘みを感じました。
ツユはわりと辛口ですね。

入口の方に囲炉裏風のところがあり、おでん鍋があります。1本100円。
a0023397_07055191.jpg
先代の奥さんが半襟の刺繍をやっていて、その型紙だそうです。
ほかにもありとあらゆる古物が飾ってありました。
a0023397_07055109.jpg
竜爪山へ行く人が結構寄っていくみたいですね。

お店の人がフレンドリーに話しかけてくれます。
なんだか田舎の親戚のうちに来たみたい。
セミの声を聴きながら、過ぎゆく夏のひとときを。


 店名:池田屋
 住所:静岡市葵区北沼上1480
 電話:054-266-2206
 営業時間:11:00-16:00
 定休日:月曜日
 駐車場:あり
 web:なし

[PR]

# by ma2i | 2016-08-21 07:33 | 食べ物 | Comments(0)

天竜二俣を散策。

 秋野不矩美術館へ行ったので天竜二俣のまちを散策しましたよ。
 蔵が多くて、森町に似てるなと思いました。
a0023397_21371055.jpg
a0023397_21371080.jpg
a0023397_21371003.jpg
a0023397_21371070.jpg
a0023397_21371178.jpg
a0023397_21371152.jpg
a0023397_21371132.jpg
a0023397_21373650.jpg
a0023397_21373726.jpg
a0023397_21373778.jpg
a0023397_21373714.jpg
a0023397_21373725.jpg
a0023397_21373743.jpg
a0023397_21373781.jpg
a0023397_21373727.jpg
a0023397_21380469.jpg
a0023397_21380491.jpg
a0023397_21380470.jpg

[PR]

# by ma2i | 2016-07-17 21:40 | 日々 | Comments(0)

【かき氷】大判や@天竜二俣

 天竜二俣へ行ったのでかき氷店を開拓してきましたよ。
 秋野不矩美術館を出て向ったのが「大判や」です。
 まちなかの昭和な感じのお店です。
 レギュラーメニューで焼きそばやお好み焼きがあり、夏はかき氷、冬は大判焼きのようです。
 
a0023397_21135365.jpg
 レトロな感じがいいですね。
 かき氷はイチゴ、レモン、メロン、ソーダなど500円から。
 うじ茶ミルク600円を頼みました。ちょっと高いかなと思ったのですが、かき氷が到着してから納得。
a0023397_21135347.jpg
 どど~ん!
 え、よくわからない?
a0023397_21135333.jpg
 どどど~ん。
 高さ30センチくらいありました。
 店内はほぼ満席で、頼んでから20-30分くらいかかりましたが、理由がわかりました。
 こんな巨大なかき氷は作るのに時間がかかる。
 氷は結構細かいサクサク系で、こんな量にもかかわらず、さくっと食べてしまいました。
 ちなみにふたりでひとつ頼んでる人たちもいました。
 ついでに言うと店内は扇風機のみ! かき氷は暑いところで食べるに限りますね。
 いくら趣向を凝らしていても、クーラーガンガンの店内で食べては魅力半減だと思います。
a0023397_21135314.jpg

 店名:大判や
 住所:浜松市天竜区二俣町二俣1232-1
 電話:053-925-3813
 営業時間:11:00~18:00
 定休日:月曜日
 駐車場:3台(無料) 土日のみ静岡銀行駐車場利用可
備考:注文はテーブルに備え付けのメモ用紙に書いて店員さんに渡します。



[PR]

# by ma2i | 2016-07-17 21:31 | かき氷 | Comments(0)

雷門音助 二ツ目昇進披露公演@藤枝市民会館

a0023397_21403671.jpg
 着物仲間の3人と藤枝で行われた落語会に行ってきました。
 久しぶりにゆっくりじっくり落語を聞いて、とっても素敵な時間を過ごせました。
 雷門という亭号はあまりなじみがないのですが、寄席名鑑によると6名しかいないようですね。
 雷門助六と門下の小助六、音助。
 故・雷門小福門下の獅篭(しかご)、幸福、福三。
 となっているようです。

 今回は藤枝出身の音助が二ツ目昇進ということで、披露公演が行われました。
 真打ならまだしも、二ツ目で披露公演ってあまり聞いたことないと思っていたら、口上で桂歌丸さんも、落語人生65年で初めてだとおっしゃってました。
 後援会が強いのかな?
 口上は舞台右の上手から桂歌丸(落語芸術協会・会長)、東 京太(落語芸術協会・参与)、音助、助六、小助六の並びでした。

 1.古今亭今いち 「動物園」
 2.雷門小助六 「初天神」
 3.桂歌丸 「つる」
   中入り
 4.口上
 5.雷門助六 「替り目」 踊り「あやつり踊り」
 6.漫才 東 京太・ゆめ子
 7.雷門音助 「粗忽の釘」

 口上は歌丸さんもみなさんユーモアたっぷりでした。
 二ツ目昇進で落語芸術協会会長が同席するのってなかなかないですよね。
 それだけ音助さんに期待しているということでしょう。

 今いちさんは「いまいち」ネタでつかみはOK。動物園もユーモラスでした。
 小助六さんは初天神。親子のやりとりが笑いを誘いますね。
 歌丸さんは「つる」。わりと前座などがやる噺ですが、歌丸さんの十八番のようですね。思わず引き込まれてしまう語りがさすがだと思いました。
 助六さんの「替り目」も酔っぱらいのユーモラスな噺。「あやつり踊り」はとても69歳とは思えない動きでした。筋力がないとあの動きはできないな。
 漫才、とってもおもしろかったです。夫婦漫才の極地かな。息がぴったり。「ねー!」
 音助さんものびのびしてましたね。今後の進化に期待したいです。
 ちなみに藤枝市民会館のホール700席はほぼいっぱいでした。

[PR]

# by ma2i | 2016-07-09 22:14 | 落語 | Comments(0)

BB-8のツタヤカード

a0023397_20222183.jpg
 BB-8のツタヤカードが出るということで、発行してもらいましたよ。
 クレジット機能なしのTポイントカードです。
 手数料540円+レンタル年会費205円(ともに税込)。
 いま持ってるツタヤカードとは別の発行になるということです。
 通常はひとり1枚しかツタヤカードを持てないけど、キャンペーンのは別らしいです。ってそんなに持っててもしょうがないけど。
 元のカードでレンタルすればいいわけだから、レンタル年会費はいらなかったかも。

[PR]

# by ma2i | 2016-07-07 20:31 | 日々 | Comments(0)