ショック:伽藍博物堂実験室閉鎖

鷹匠の演劇、というか静岡中部の演劇拠点となっていた伽藍博物堂実験室が今夏で閉鎖になるというメールが来ました。

2005年の秋に初めて見た「月夜の晩にあなたはいない」で伽藍の芝居にハマり、それから見続けて5年。芝居で泣いたり笑ったりしてきました。

芝居集団としての伽藍博物堂自体は続くようですが、拠点がなくなってしまってどうなるのでしょう?
やはり20年弱続くデフレの影響なんでしょうか。
[PR]

by ma2i | 2010-03-03 22:33 | 観劇 | Comments(4)

Commented by サカキ at 2010-03-04 21:17 x
あらあらあらあらあら

以前つきあってた方と座長さんが知り合いだったりしたんで座長氏の一人舞台を見たり、バーで偶然居合わせたりした事があるのですが…
そぅですか…
閉鎖ですか…
座長さんも時々ローカルCMで見かけたりしたんですけど…
そうですか………
なんか残念ですね

座長さんはまだあのカフェでお仕事されてるのかな

立ち居振る舞いが猫のようにスルスル~っとしていらっしゃるイメージが強いんで、どんな空間にでも溶け込んでそうですよね

新たな拠点が確立できるといいのですが…

そうですか………

残念です

Commented by ma2i at 2010-03-06 01:44
前に進むために身軽になる、というコメントがあったので前向きに考えたいと思います!
Commented by koyahi at 2010-03-12 01:44 x
え~、そうなんですか! 知りませんでした・・・
ディレクションは私ではないのですが、
以前、うちで作ったCMにも出ていただいていたのですが・・・
うーん、そうですか~
Commented by ma2i at 2010-03-12 20:56
koyahiさんも知り合いだったんですね~。
鷹匠の文化が失われて行くのはさみしい限りです・・・。