鹿に会いに 鹿島神社

ブロガーのRRDさんのご厚意でJRの鈍行一日乗り放題券をいただいたので小旅行に行ってきました。
行先は前から行ってみたかった「鹿島神宮」です。鹿島アントラーズの鹿島です。

朝6:41静岡発の電車に乗り、途中品川で成田空港行の電車に乗り換え、成田でJR鹿島線に乗り換え、着いたのが12:32です。約6時間ほど電車にゆらり揺られていました。
電車の中では寝たり落語を聴いたりして時間をつぶしていました。

鹿島神宮駅。改札に人がいるところがいいですね。
a0023397_23302486.jpg


さて、鹿島ではまず腹ごしらえ。事前に調べておいた「竹やぶ」というそば屋さんに入りました。
a0023397_23242529.jpg

若干甘めのつゆ。そばの香りがふわっとしました。ざるそば682円なり。
そのほか、門前にはそば屋さんがいくつもありました。
お寺や神社の門前には麺類が多いですね。
伊勢のうどんしかり、出雲のそばしかり、三輪山のそうめんしかり。
どういうわけなんだろう?

さて腹ごしらえをしたら、参道を歩きます。わりと整備された感じですが人通りはほとんどありません。ちょっとさみしいですね。正月には大変な人出になるようですが。
a0023397_23283733.jpg


和風と洋風が合体したような建物。
a0023397_23293451.jpg


鹿島神宮。
a0023397_2331756.jpg

a0023397_23312874.jpg

拝殿・本殿は質素で古びた感じです。
主祭神は武甕槌大神(タケミカヅチ)。武の神様です。鹿島アントラーズの強さの秘密がここに!?
いわれについてはこちらを参照

なんといってもここには鹿がいるのです。神鹿(しんろく)と呼ばれています。
奈良の春日大社をつくるときにこの鹿島神宮から鹿が神様を乗せて行ったといわれています。
a0023397_23402246.jpg


近くの売店でエサのにんじんを買うと・・・待ってました! と言わんばかりに鹿が寄ってきます。
一番大きい鹿がエサを独り占めしようとするので小さいやつにあげるのが大変でした。
にんじんを差し出すと、べろーっと舌がのびて来ます。
a0023397_0124843.jpg


奥には鬱蒼とした森が成長しています。茶屋があったりして、休憩もできます。
a0023397_23445592.jpg


森の奥には要石(かなめいし)と呼ばれるものがあります。
ぽこんと突き出た石なのですが、地震を起こすなまずの頭を押さえていると言われています。
見た目は小さいですが、掘っても掘っても下までたどり着けないそうです。
a0023397_23472134.jpg


一番奥の「御手洗池(みたらしいけ)」。
青く透きとおる水です。ひんやりとしていて、静謐をうかがわせる場所です。
昔はここで体を清めていたそうです。
a0023397_23511939.jpg


森の中に4つくらい茶屋があって、池のところの茶屋「一休(ひとやすみ)」でみたらし団子をいただきました。
みたらし池のほとりでみたらし団子ですね。みたらしといってもとろーり蜜ではなく味噌が塗ってありました。
a0023397_2354242.jpg


森でたくさん息を吸ってご朱印をもらってお土産を買って帰途につきました。
鹿島神宮発15:16の電車に乗りました。滞在時間3時間ちょっと。
静岡着は21:11。楽しい旅となりました。
RRDさんありがとう。

a0023397_002252.jpg



上記以外の写真はこちら

そうだ、お土産に買った「鹿島まんじゅう」ですが、製造が千葉県成田市でしたよ。ちょっとうなってしまいました。帰りに参道を歩いていたら良さげな和菓子屋さん「丸三老舗」があったのでそこでお土産を買いなおしましたよ。
[PR]

by ma2i | 2010-10-17 00:01 | 日々 | Comments(0)