読書

 「武士道」 新渡戸稲造 岩波文庫


 「犬儒派だもの」 呉 智英 双葉社
 エッセイ集。「封建主義者はかく語りき」と重なる部分が多い。

 花の都に男子あり
 二十にして はや心朽ちたり
 すでにして道ふたがる
 なんぞ白髪を待たん
  「陳商に贈る」李賀


 「退屈論」 小谷野 敦 弘文堂
 これは必読書に挙げたい。
[PR]

by ma2i | 2004-10-13 06:57 | 読書 | Comments(0)