最近、筋肉少女帯の歌を見直しています。
 小学生のときになぜか教室にステレオセットがあり、クラスの誰かが勝手にCDをかけてた。
 そのころは「元祖高木ブー伝説」が流行っていて、「ただ叫んでいるなんか変な歌」と一蹴していた。
 高校の時には大槻ケンヂの「くるぐる使い」を読んでこの人は天才だ! と思った。
 「BUMP OF CHICKEN」に似てるんだよな。

 せつない歌が多いです。
 「221B戦記」「タチムカウ-狂い咲く人間の証明-」「ペテン」「サーチライト」
 「僕の歌を総て君にやる」「機械」「小さな恋のメロディ」「ソウルコックリさん」

 「SAN FRANCISCO」というアルバムに入ってます。
[PR]

by ma2i | 2005-03-30 02:23 | 音楽 | Comments(0)