「キッチンのっぽ」には夢がある。

 みんなが大好き、静岡のソウルフードといえば「のっぽパン」ですね。
 発売は1978年ということなので、37年ほどの歴史になります。
 長さ34センチのパンに、バタークリームがサンドされているのが基本で、チョコやピーナッツ、季節限定のメロンやイチゴなど種類は様々。
 ヌマヅベーカリーが販売し、事業再編のため一時販売終了したのですが、ファンの声もあって、今では子会社の株式会社バンデロールが製造販売しています。
 再開後、静岡駅にのっぽパン専門店ができたりして嬉しかったのですがそれも撤退してしまい残念なのですが、狐ヶ崎のイオン清水店にはなんと「キッチンのっぽ」というのっぽパンサンドの専門店があるのです。
 
a0023397_11312466.jpg

 パンはプレーンと牛乳から選びます。サンドは、「サンドのっぽ」「グルメのっぽ」「スイーツのっぽ」の3つから選ぶことができます。 「サンドのっぽ」では、ハムチーズやBLTなどのサンド系、「グルメのっぽ」ではピッツアやカルボナーラなど挑戦的なのっぽ、「スイーツのっぽ」ではチョコバナナや安倍川風!などが選べます。
 とりあえずBLT(360円)を頼んでみました。番号札を渡されしばし待ちます。注文してから作ってくれます。サブウェイっぽいですね。
 
a0023397_11312462.jpg

 サンドは開いた状態で出てきました。長さはちゃんとのっぽパンの長さがあります。
 折りたたんで食べます。具が飛び出して若干食べにくい部分もありますが、味は良かったです。
 小腹がすいたときにいいですね♪
 包装紙も専用です。
a0023397_11312499.jpg


 メニューは結構ありますが、前より減ったような・・・。
a0023397_11312418.jpg

 ここはうしろにベーカリーがあり、おそらくバンデロール系列なのでしょう。そこと一緒になってるから実現できたような気がします。
 今度はピッツアや安倍川風も食べてみたいです。
 
[PR]

by ma2i | 2015-07-26 11:51 | 食べ物 | Comments(0)