川根路~井川線にゴトゴト揺られて

 前から乗りたかった井川線に乗りに行きました。
 SLが走っている大井川鉄道の千頭駅前までは何度か行ったことがあるのですが、その先を少し小さめのかわいい列車が走ってるのを見て、気になっていました。
 井川線はもともと上流の井川ダム建設のため資材を運ぶように作られた鉄道で、近年は観光用に運行されています。
 線路の幅は普通の電車と同じなのですが、トンネル等が小さいため、車両がとっても小さいんです。昔の軽便鉄道くらいの大きさらしいです。
 ちなみに本来は井川駅まであるのですが、2014年の土砂崩れのため途中の接阻峡温泉駅までの運転となっています(2016年11月復旧予定)。

 わくわく、どきどき。
a0023397_20243272.jpg

 車内の幅も2人掛けと1人掛けの狭さ。
a0023397_20243264.jpg

 新緑の中を進みます。カーブも多くて結構ゴトゴト揺れます。隣の人との会話も聞こえにくいくらい。
a0023397_20243278.jpg

 途中に民家が点在し、駅もいくつかありますが、ほとんど乗る人はいません。
a0023397_20272801.jpg

 綺麗なアーチ型の橋。
a0023397_20243223.jpg


 途中、アプトいちしろ駅と長島ダム駅の間は、日本で唯一のアプト式になります。
 アプト式では、線路の真ん中にギザギザがあり、専用の機関車が歯車でそのギザギザを噛んで登ります。
 アプトいちしろ駅と長島ダム駅間は勾配がきつく、普通の線路だけだと進めないからだそうです。

 専用の機関車を連結します。
a0023397_20243368.jpg

 ガッチャンコ。
a0023397_20243388.jpg

 出発進行!
a0023397_20243318.jpg

 長島ダムが見えてきました。
a0023397_20243384.jpg


 うしろに広がるダム湖。村が沈んでるとか。国土開発の時代を感じます。
a0023397_20243337.jpg

 この先は秘境駅としても有名な「奥大井湖上駅」です。湖の上に駅があるのですが、俯瞰しないとちょっとわかりませんね。
a0023397_20243379.jpg
a0023397_20363263.jpg

 およそ70分で接岨峡温泉駅に到着。
a0023397_20363296.jpg

 赤い列車ともお別れです。
a0023397_20363254.jpg
 その名の通り温泉があるのですが、時間の関係で省略。
 帰りはバスで千頭へ帰りました。
 運行時間が限られているので、よく調べていくといいと思います。
 元々、この近くの「天狗石茶屋」でお昼を食べようと思ったのですが、休業中でした。

 千頭駅になんかいましたよ。
a0023397_20531231.jpg
a0023397_20431454.jpg

 大井川鐵道【公式】

 帰りは笹間渡駅のカフェ「ひぐらし」へ。
 駅舎を利用したカフェとして有名ですね。
a0023397_20531299.jpg
a0023397_20531201.jpg
 列車を眺めながらお茶が飲めます。ちょうどSLが来ました!
a0023397_20531230.jpg
a0023397_20531204.jpg

 お店の臨時休業などはフェイスブックで確認!
 Cafe ひぐらし
 https://www.facebook.com/CafeHigurashi
 営業時間

 今回の旅のタイムスケジュールはこちら。

 千頭駅周辺でお昼。
(11:00)
  ↓
 千頭駅
(12:28)
  ↓
 井川線
  ↓
 接岨峡温泉駅
(13:40)
(14:14)
  ↓
 バス
  ↓
 千頭駅
(14:40)
  ↓
 自動車
  ↓
 笹間渡駅・カフェひぐらし
(15:10)


[PR]

by ma2i | 2016-06-18 20:01 | 旅行 | Comments(0)