「邪魅の雫」京極夏彦

弁当箱か。
このサイズを通勤で持ち運ぶのは大変なので読むのはいつになるのか。
呉服町・江崎書店の前を通ると積んであったので値段も見ずに購入。
[PR]

by ma2i | 2006-09-28 23:08 | 読書 | Comments(0)