「梶間探偵事務所不思議譚」劇団 [si:d]

「梶間探偵事務所不思議譚」
劇団 [si:d]

静岡市南部図書館2階の小さなホールでした。
時代劇と刑事ドラマで育った私は探偵物ももちろん好きです。

探偵とその助手の女の子、というコンビもなかなか良かったです。息が合っていたと思います。
特におもしろかった所
・舞台と客席に幕がなく、始まる前から舞台上のソファーに役者のひとり(助手の女の子)が寝ている、という演出。
・探偵と事務所の電話の会話、依頼人と助手の会話が全然別の話題なのにリンクしていた場面。
・後半の劇中劇で探偵と依頼人の立場が入れ替わる場面。

ストーリーの中核で「児童虐待によるトラウマが・・・」というところがあり、なんとなく安っぽいのが残念でした(物語の中でトラウマという言葉を使ってしまったら物語る必要がなくなってしまうわけで・・・)。
[PR]

by ma2i | 2004-06-27 19:39 | 観劇 | Comments(0)