伽藍博物堂 in Freakyshow

●「座長の一人芝居」

ひとり芝居の前にマクラのように谷川俊太郎の詩をやりました。
「かえるかえるは みちまちがえる むかえるかえるは ひっくりかえる~」
というような言葉遊びのような詩を、ただしゃべるのではなく身体を動かして演技してました。

佐藤さんのひとり芝居は「山梨空港」。
私はこれ初めて観ました。
「富士山静岡空港」をネタにした風刺お笑いですね。
テンポもよくて終始会場を沸かせていました。

佐藤さんは政治ネタがうまいですねぇ。「日吉町原発」とか「国際平和窓口」も好きです。
「富士山から100キロも離れてるのに富士山空港か!」とか普段疑問に思っていてもなかなか議論しないことを代弁してくれるからでしょうか。


私は山梨に住んでいたことあるのですが「山があってもヤマナシ県」というセリフを久しぶりに聞iてなんだか懐かしい気分になりました。

作・演出 伽藍座長・佐藤剛史



●『A day in (^-^) life』

 伽藍らしいとてもおもしろい芝居でした。
 ブルマだん吉さんの表情の変化がおもしろかったし、おおいしさんの暴れっぷりもよかったし、村松さんの落ち着いた感じもよかったです。
 客席との絡みもあり(おおいしさんがほんとに絡んでた)、どんな場所でも伽藍らしい空気をつくるな、と思いました。
 伽藍の3人芝居シリーズというのもこれから続けてみたらよいのでは?

出演:
村松聡
おおいしあきよ
ブルマだん吉

作:
高山りく

会場は50人くらいでの客で椅子が足りなくなりそうなくらい盛況でした。
料金はチップイン。
お店になにも払わないので生ギネスビールを頼みました。
メニューが2個くらいしかなくて人が多かったので注文しづらい様子。
壁にメニューがあるといいのですが。とてもいい場所なのでお店にも還元できるといいですね。
a0023397_19561624.jpg
a0023397_1956265.jpg

[PR]

by ma2i | 2008-03-05 19:54 | 観劇 | Comments(0)