ポートレイト・イン・ジャズ ビル・エヴァンス

ピアノの音が好きでいろいろ聴いているけれど最近はジャズが多いです。
リズムが心地好いんですね。
これはビル・エヴァンスがリバーサイドレーベルにいた1959年12月28日の録音で、ほかにベースのスコット・ラファロとドラムスのポール・モチアンのトリオです。
天才と言われたラファロは1961年に25歳の若さで交通事故で亡くなってしまうので彼の参加した数少ないアルバムです。

内省的とも叙情的ともいわれるビル・エヴァンスは、落ち着きたい日曜の昼間とか、平日の夜に聴きたいCDですね。

ポートレイト・イン・ジャズ+1: ビル・エヴァンス, スコット・ラファロ, ポール・モチアン
http://www.amazon.co.jp/dp/B000SLI7NI
[PR]

by ma2i | 2008-12-28 22:13 | 音楽 | Comments(0)