たかじょう劇場@着物cafeちどり

a0023397_20485122.jpg

a0023397_2049723.jpg

6月27日(土)は14時から、着物cafeちどりで行われた、たかじょう劇場に行ってきました。

「ゴンデラ」
男女2人(坂道さん、千頭和さん)による詩の朗読。
寺山修司とかランボーとか、音で聞くとまたちがった印象がありますね。

「カレーライスをひとにめがけてぶっつけたことがある」
で始まる草野信子さんの詩がおもしろかったかな。

男性のほうの方、坂道さんて笑魂雷の人だったんですね。初めて知りました。
自主制作映画「小鳥たち」に絢さんと一緒に出てて憶えてました。


「Mum’s party」
春に笑わせてくれたちどりあしの作品「崇高なるメイ道」を上演。
場所が狭いのでちょっとアクションがオーバーにできなくて窮屈そうでした。
しかしこのふたり劇は脚本がいいのできっと何度でも上演されるだろうと思います。

ところでこのふたり、ほかの会場でも上演しているので、メイド服で鷹匠界隈を走ってきたそうです(笑)。


「劇団ふたり」
磐田東の女子高生ふたりの言葉遊びがメイン。
谷川俊太郎の詩は前に伽藍でもやったことがありましたね。
古典を現代女子高生のノリでおしゃべりする、というのは現代語に訳してやるのかと思っていたら、そのまま古文を読むようにやりました。
枕草子の「春はあけぼの~」とか、表情が豊かで2人のかけ合いがおもしろかったです。

次はマルガリータBパート?を楽しみにしています。
[PR]

by ma2i | 2009-06-27 20:48 | 観劇 | Comments(2)

Commented by shin at 2009-07-02 20:53 x
 土曜に行かれたのですね。
 あのちどり空間での演劇には興味津々です。日曜日の知事選をほっぽって、行ってみたいと思っています。
Commented by ma2i at 2009-07-04 20:57
そうなんです。市役所へ投票に行ってから、観に行きましたよ(笑)。