カテゴリ:お茶( 80 )

新しくなった伊右衛門の飲み比べ

ペットボトルの伊右衛門がリニューアルされたというので、新旧を飲み比べてみました。
旧伊右衛門は季節ごとに味が変わっているらしくて、「冬の味」しか手に入りませんでした。

a0023397_10351659.jpg
まずは見た目。
旧は見慣れたペットボトルです。500ml
新はちょっとシュッとしましたが、少々容量が増えて525mlとなっています。ただし、ボトルの設計が悪いのか少々歪んでいます。

a0023397_10351610.jpg
底。
旧伊右衛門は「贅沢、抹茶入り」ということでちょっと粉っぽいものが沈殿しています。
新伊右衛門は抹茶入りの記述がありません。沈殿物はありますが、もうちょっと細かい感じ。より急須で淹れたものに近いのでしょうか。

a0023397_10351684.jpg
色。
旧伊右衛門は黄色が強い感じ。
新伊右衛門は緑に近い感じです。

味。
旧伊右衛門は火香が強くて香ばしい感じ。ちょっと渋め。
新伊右衛門は火香がだいぶ抑えられて、爽やかな渋みの中にかすかに甘みを感じる。青味も感じて、確かにより急須で淹れた感じに近い。

旧伊右衛門はおむすびなどに合いそう。
新伊右衛門はそのまま飲む、あるいはお菓子などに合いそう。

[PR]

by ma2i | 2017-03-26 10:37 | お茶 | Comments(0)

キリンの生茶を飲み比べ

 生茶が新しくなったというので飲み比べてみました。
 どちらもマーケットで100円前後で売っていました。
 常温でしばらく部屋に置いておいたもので飲み比べました。
a0023397_23245680.jpg

 最初、新・生茶はやけに色が薄いし味もないなと思ったら、かなりの成分が沈殿していました。知らないでそのまま飲んでしまう人いるんじゃないかな。
a0023397_23245622.jpg

 もう一度両方をよく振ってみると・・・。
 新・生茶はかなり濁った色になりました(左:旧・生茶、右:新・生茶)。
 綾鷹を意識してる?
a0023397_23245659.jpg
 飲み比べてみると・・・。
 旧・生茶は、生茶葉抽出物のせいか妙な甘さがあります。これは旧来から言われているものです。またあと味にかすかな渋味も。
 新・生茶は・・・まず感じたのが粉っぽい。そして薄い。えー、まったく別物です。

 謳い文句はこうです。
 旧・生茶
「茶葉のチカラ、生茶
 茶葉のあまみと香りにこだわり、かぶせ茶をブレンドした厳選茶葉を使用。
 さらに”ひとてま”かけたかぶせ粉末茶も加え、低めの温度で丁寧に淹れました。
 雑味のない茶葉のあまみをお楽しみください。」

 新・生茶
「今までより細かくした茶葉を低温抽出し、
 さらにかぶせ茶をまるごと挽いた
 微粉砕茶葉と、まる絞りした
 生茶葉のうまみを入れることで、
 茶葉のいいところをひきだしました。」

 ちなみに原材料はどちらも、
 「緑茶(国産)、生茶葉抽出物(国産)、ビタミンC」
 昔は香料入れたてみたいだけど今はないです。

 容量が違っていました。
 旧・生茶 500ml
 新・生茶 525ml

「キリン 生茶」の「生茶葉抽出物」って何ですか?|Q&A|WEB品質保証室|安全・安心への取り組み|キリン
 https://safety.kirin.co.jp/faq/?mode=show&seq=24
 A.「生の茶葉」から抽出した、旨味成分たっぷりのエキスのことです。
 ちなみに生茶葉抽出物ってなんだかよくわからないが、公式Q&Aを読んでもよくわからない。そのあたりは企業秘密でしょうか。

 というわけで、リニューアルしておいしくなったかは人それぞれですが、まったく別のものになった気がします。

 ついでに綾鷹と比べてみました。
 左:綾鷹 右:新・生茶
a0023397_09314684.jpg


 綾鷹のにごりの成分は「抹茶」のようですね。粉っぽさは感じませんでした。
 抹茶は10~20ミクロン、粉末茶は40~80ミクロンといわれているのでその違いでしょうね。
 お茶っぽい火入れの香りや渋味も綾鷹の方があります(あくまでも比べてですが)。
a0023397_09314629.jpg
 ペットボトルのお茶も飲み比べるとおもしろいですね!


[PR]

by ma2i | 2016-05-13 20:05 | お茶 | Comments(0)

お茶づくしツアーへGO!

 早朝の茶市場見学へ続き、お茶摘み体験と茶工場見学へGO!
 どんだけお茶好きやねん!
 場所は静岡市葵区松野のクリーンティ松野。
 まずはお茶摘みです。
 エメラルドグリーンの茶畑!
a0023397_17312240.jpg

 ナビゲーターの箕輪さん。お茶の歴史から生産からいろいろなお話がポンポン出てきて、結局1時間くらいお茶摘んでいたような気がします。
 帽子と日焼け止めは必至!
a0023397_17312220.jpg

a0023397_17360128.jpg

 摘み終ったところで目の前で天ぷらにしてくれます。おいしー!
a0023397_17343163.jpg

 お茶工場の見学も。実際に稼働しているのは60日/365日なので、本当にお茶の時期しか見られません。 
a0023397_17312302.jpg
 
a0023397_17381297.jpg
 一緒に参加した若い夫婦は去年東京から裾野へ引っ越してきて、お茶に興味を持って今年は「茶摘み 体験」を検索してツアーに参加したそうです。
 お茶に興味を持っていても、なかなかここまでの行動力を発揮するのはすごいですね。

 お茶の一番忙しい時期に案内をしてくれたクリーンティ松野のスタッフの方々もありがとうございました。

 ツアーは5/15(日)までまだまだ募集しています。
 そふと研究室- リベロツアーのご案内,お茶,静岡お茶づくし体験
 http://soft-labo.net/modules/tour/index.php?lid=81&cid=1
[PR]

by ma2i | 2016-05-02 19:25 | お茶 | Comments(0)

早朝の静岡茶市場へGO!

 静岡で地元密着型のツアーを行っている「そふと研究室」のお茶ツアーに行ってきましたよ。
 まずは朝の6時に静岡茶市場へ集合!
 スタッフから説明を聞いて、茶市場の増井元社長の案内で市場内へGO!
 黄色い帽子が茶市場職員、緑の帽子が荒茶を持ってきた農家さんやJAなど、青い帽子が茶商など。
a0023397_16515959.jpg

 拝見盆に盛られた見本のお茶。1キロあたりの希望値の書いた札が差してあります。高いときはウン万円とかあったそうです。
 いまでもそろばんが使われることがあるとか。しかも5つ玉のそろばんです。
a0023397_16540821.jpg

 拝見場。こちらでは荒茶に熱湯を注いで実際に香りと味を鑑定して最終的に茶商がお茶の値段を決めます。
 農家さんと茶商の商談が決まるとしゃんしゃんしゃんと拍手が起こります。
a0023397_17015853.jpg

いつでも熱湯が注げるようにたくさんのヤカンがスタンバイ!
a0023397_17055385.jpg

見学のあとは自分たちもお茶鑑定の体験をしました。
お茶をみて触って香りをかいだり。
a0023397_17072131.jpg

増井さんがお茶を淹れてくれたり。
a0023397_17083616.jpg

実際にお湯を注いで香りや味を体験します。
右のふたつは10,000円/キロくらいの高いお茶。次が深蒸しのお茶、左が去年の番茶。
熱湯で淹れるので渋いのですが、熱い方が香りが立つし、欠点も出やすいということです。
a0023397_17092951.jpg

 茶市場見学はおよそ2時間で終了。
 おなかが減った頃に朝ごはんへ行きます。
 市場近くの定食屋さんへ。
a0023397_17131084.jpg

 豚汁定食。ボリュームありました。朝からこんなに豪華で食べられないよ!と思いましたがみんなでワイワイしてたら食べてしまいました。
a0023397_17153082.jpg

チラシの裏に書いた手書きのメニューがおもしろい。
a0023397_17154653.jpg
9時前には解散しました。
静岡に住んでいたら絶対一度は行きたい茶市場見学ツアーは5/8(日)までやっていますよ!

そふと研究室- リベロツアーのご案内,お茶,そふとの朝活!早朝の茶市場へ潜入
http://soft-labo.net/modules/tour/index.php?lid=80&cid=1


[PR]

by ma2i | 2016-05-02 19:24 | お茶 | Comments(0)

【移転オープン】きものcafeちどり

a0023397_2040169.jpg

 着物好きな店主が開いたお店、「きものcafeちどり」が11年目に入って4か月目の2/10(水)に鷹匠から駿府町へ移転オープンしました(直線距離で西へ200メートルくらい)。
 私が初めて入ったのは、オープンして2年目くらいだったかな?
 鷹匠「着物cafeちどり」開店2周年! : 記憶のかけら 降ったり晴れたり
 と思って記事を探したら、2周年記念にお花を贈っていました。
 もうそんなになるのか~。

 ちょうど着物に興味が出てきた時期で、検索したのか誰かから聞いたのか、鷹匠に着物カフェがあるよと情報を得て、出かけてみたのでした。
 入口は女性ものの着物で飾られたトルソーが立ってるし、男子ひとりではなかなか入りにくかった気がします。
 しかし、店主の五味ひとみさんはとっても気さくで話題豊富な方で、店内の雰囲気も良く、すぐに気に入ってしまいました。
 着物の相談もとっても真摯に聞いてくれて、非常にありがたい存在です。
 当時は和裁士の方もいて、和裁教室などもやっていました。
 近年はその方が店を離れ、ひとりで店を切り盛りしていたので、もう少し手の届く範囲でお店をということで、移転オープンとなりました。
a0023397_20404165.jpg

 新しい店舗は北街道沿いで、大野写真研究所や長八珈琲などと同じ並びなので、行きやすい場所だなと思います。
 お店の内容も、日本茶やゆず茶、お汁粉などの和カフェメニューから、和雑貨の販売、着物の相談など、いままでと変わりありません。

 営業時間も変わらず。店舗のサイズは半分くらいでコンパクトになりました。
 カウンター4席と、2人掛けのテーブル1席です。
 ご飯ものはないので、一品注文すれば持ち込み可とのことです。

 場所:〒420-0856 静岡市葵区駿府町1-30 ツボヤビル1階西(ハッコウスポーツとなり)
 時間:11:00-20:00
 定休日:毎週火曜日、第3水曜日
 電話:054-273-2266(変更なし)


[PR]

by ma2i | 2016-02-11 20:44 | お茶 | Comments(0)

楢尾のお茶カフェ「あかおに」

a0023397_21515665.jpg
a0023397_2152940.jpg
a0023397_21521959.jpg

藁科川上流、湯の島温泉から少し行ったところ。静岡市街からは1時間。
大間の縁側カフェに倣って第3日曜日にお茶カフェを開催。
初夏の緑と空気に癒されました。
[PR]

by ma2i | 2015-05-17 21:55 | お茶 | Comments(2)

足久保の茶畑へ初めて行ってきた。

a0023397_21484687.jpg

午前中は昨日のお茶イベントで教えてもらった足久保へ行ってきましたよ。石を積み重ねて作った斜面の茶畑に大興奮!
おいしいお茶、先人たちの努力の賜物ですね・・・。

a0023397_21491315.jpg

[PR]

by ma2i | 2012-05-13 21:46 | お茶 | Comments(0)

新茶フェア@呉服町ミライエ

a0023397_21394575.jpg

呉服町の伊勢丹向かい、2Fミライエで新茶フェアやってますよ。1種類100円で新茶の飲み比べができます。私は足久保と内牧と清沢・両河内を飲んでみました。
さわやかな緑を感じます。
おねーさんがとてもアツく語ってくれるので楽しいですよ。

新茶フェアは19(土)、もやってますよ。
[PR]

by ma2i | 2012-05-12 21:39 | お茶 | Comments(0)

呼吸を合わせて。

a0023397_21263037.jpg

しばきり園さん近く。ふたりの息が合わないとうまく刈れないんだよね。
[PR]

by ma2i | 2012-05-01 21:25 | お茶 | Comments(0)

両河内のお茶会「未知との遭遇」

a0023397_2123632.jpg

午後は両河内のお茶会「未知との遭遇」。
たけのこがニョキニョキ生えてるところでお茶飲みました。
市場には出ない両河内の1キロ88,000円のお茶(市場価格)。
もし小売店に出るとしたら100gで20,000円くらいかな。

a0023397_21243652.jpg


a0023397_21245594.jpg

お茶っ葉がものすごく綺麗!
[PR]

by ma2i | 2012-05-01 21:22 | お茶 | Comments(0)