カテゴリ:旅行( 41 )

石部の棚田へ②

a0023397_09240286.jpg
 何百年も受け継がれてきた棚田。
 近年は耕作放棄も多く、継続が難しくなってきましたが、有志で維持管理しているそうです。
 
 石部棚田へ行こうよ!~静岡県松崎町石部棚田保全サイト
 http://ishibu-tanada.com/

 昼間田んぼを覗くと、オタマジャクシがわんさかいました。
 夜になってまた行くと、ものすごい数のカエルたちがゲコゲコ合唱していました。
 初夏の夜の田んぼの匂いがたまりません。
 私の家の近所の田んぼもほとんど家やマンションになってしまい、なんだか懐かしいなぁ。

a0023397_09252337.jpg
 昼間はこんな感じです。
 手作りの畝も素敵。
a0023397_09254147.jpg
 雑草なんかも綺麗にしてあったし、機械も入りづらい。
 これだけの規模のものを維持管理していくのは相当な努力と協力が必要だなと思いました。

 帰りは3時間半ほどでした。
 田植え前の水が張ってある時期は短いので良いタイミングだったと思います。


[PR]

by ma2i | 2016-04-29 21:34 | 旅行 | Comments(0)

石部の棚田へ①

 先日、ちょっと前から気になっていた石部(いしぶ)の棚田へ行ってきました。
 石部は伊豆の松崎町にあります。伊豆の西海岸、静岡からだと駿河湾をぐるっと回ることになります。
 静岡市内から車で下道を休みながら行ったら5時間ほどかかりました\(◎o◎)/!
a0023397_21173029.png

 途中に、おおき牛乳が経営する「グリーンヒル土肥」というのがあって、そこで食べた「牛乳ラーメン」(600円)が意外とおいしかったです。
 どんな味がするのかと思ったら、牛乳ポタージュスープになっていて牛乳の甘味と相まってとんこつのようなクリーミーさがありました。リピートありです。

伊豆手作り菓子工房 グリーンヒル土肥(おいしいみるく村)[伊豆市]|アットエス
http://www.at-s.com/gourmet/article/takeout/etc/124790.html
a0023397_09084941.jpg
a0023397_09081492.jpg

 顔ハメ。牛とソフトクリーム・・・。
a0023397_09081406.jpg

  また松崎のスーパーマーケットへ寄ったら意外な光景が。
 「ないものはない」って強気です。「ない」ものは「ない」、つまり「なんでもある」のか、「ないものはない」と開き直っているのかわかりません。
a0023397_09081462.jpg
 さらに店内はさすが魚どころ。豪快です。スチロールに氷を入れたものが並んでいます。市場みたいでした。
a0023397_09081481.jpg
 初ガツオまでこんな状態。
a0023397_09081550.jpg
 そんなこんなで棚田へ向かいます。


[PR]

by ma2i | 2016-04-29 15:56 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行⑨ 東京のまちの顔

 今回の旅で感じたのは東京のまちの顔。
 まちによって雰囲気が全然違うんだなぁということでした。

 銀座は高級感とディスプレイと花のまち。
a0023397_10313123.jpg
a0023397_10313233.jpg
a0023397_10313298.jpg

新橋は飲み屋街。
a0023397_10350395.jpg
a0023397_10350334.jpg

築地は外国人観光客のまち。
a0023397_10313214.jpg


青山はマツキヨまで色が違うおしゃれなまち。
a0023397_10313257.jpg

池袋はサブカルのまち。
a0023397_10313209.jpg

新宿はにぎやかなまち。
a0023397_10313250.jpg

いろいろなまちが合わさってできた巨大都市東京。



[PR]

by ma2i | 2016-04-12 22:59 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行⑧ 池袋・ワンダーパーラーカフェ~新宿・カレーとベルク

 さていよいよ東京旅行も終盤です。
 青山から池袋へ。
 池袋ってサブカルのまちになっていたんですね。サンシャインの周辺にはアニメ系のお店がたくさん並んでしました。 
a0023397_01063017.jpg


 池袋の目的地は前から行ってみたかったワンダーパーラーカフェ
 いわゆるメイドカフェなのですが、キャーキャーしたカフェではなくてヨーロピアンクラッシックな内装と19世紀後半のイギリス・ヴィクトリア朝の使用人文化をコンセプトに掲げたカフェなのです。
 それで池袋の裏通りをてくてく歩いてここだ!というところにたどり着いたのですが、シャッターが閉まっている・・・。
 定休日は調べている。
 ま、まさか・・・!
a0023397_01112193.jpg
 そのまさかです。
 慌ててネットで調べると、公式ツイッターに詳細がありました。
 要約すると「店舗責任者が車に轢かれたので休みます」
 ええええ。
 その日はおりしも4/1。エイプリルフールのネタではありませんでした。
 さいわい軽傷のようで翌日からは営業していたようですが、なんという間の悪さでしょう。
 というわけで、妙に時間が空いてしまいました。
 他に行くところを考えていなかったので、喫茶店で時間をつぶしました。ああもったいない。
 その喫茶店では若い男ふたりがネットワークビジネスについて大声で熱く語っていました。東京は怖いところだべ。

 18時過ぎ。新宿のとあるカレー屋さんが開く時間なので向いました。
 食べログでも200件以上のコメントがあり評価3.5以上。
 期待をしていたのですが・・・これがまた不味かった。
 まずひと口食べると非常に苦い。そしてスースーする。おそらくクローブとカルダモンの入れすぎです。
 うーん、東京ではこれがスパイシーだと言って受けてるのか?と疑問でした。
 早々に退散です。

 なにか口直しをしないと気がおさまりません。
 新宿駅を東から西へ抜けようと地下を歩いていたら見つけたのが、「ベルク」というカフェバーです。
a0023397_01301842.jpg
 「新宿駅最後の小さなお店」として書籍もいくつか出ている有名店です。
 ちょっと見ているとあとからあとからお客さんが入っていきます。
 私も入ってみました。中は座席もあるけど立ち飲みの人も半分くらいいます。
 店員さんがカウンターの向こうにたくさんにてテキパキと注文を捌いていきます。セルフのお店なのですね。
 ビールが飲みたかったのでビールとそれに合うつまみのなんこつを頼みました。 
a0023397_01301835.jpg
 これがおいしかったです。ようやく落ち着きました。
 最後に満足できて良かったです。

 このあと新宿駅西バスターミナルから静岡駅行のバスに乗ったのでした。
 静岡駅到着深夜。
 いくつかハズレもあったけど、満足な東京旅行でした。
 みなさんも気になるところがあったら行ってみてくださいね。

[PR]

by ma2i | 2016-04-08 19:08 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行⑦ 青山~SOU・SOUからことりカフェ

 築地の次は青山にあるSOU・SOUへ行ってみました。
 地下足袋が気になっていて、履いたことないので試着してみたかったのです。
 結果としては26cmで良さそうなので余裕があったら買いたいです。

 SOU・SOU足袋 - 国内唯一の国産地下足袋ブランド
 SOU・SOU homepage

 次はその近所にあった「ことりカフェ」へ足を運んでみました。
 もう、すんごく癒されました。
a0023397_00424237.jpg

a0023397_00424141.jpg

入口のガラス越しにインコたち。飛んだり鳴いたりかわいい。
a0023397_00424147.jpg

入場料とかは無くて1品注文制です。
オカメインコケーキ800円。ほかには白文鳥とセキセイインコがありました。
コーヒーなどもALL800円。両方頼むと1,500円。

鳥かごに入れて運ばれてくるケーキ。
a0023397_00425563.jpg

オカメインコケーキがかわいくて30分くらい眺めていました。
a0023397_00424181.jpg
 また、奥の触れ合いコーナーでは5分500円で鳥たちと触れ合うことができます(木曜日はモフ曜日で無料とか)。
 その名も「もふもふの部屋」
 大型のタイハクオウムと、中型のオカメインコ、小型のコザクラインコ、白文鳥のなかから2羽選べました。
 私はオカメインコと白文鳥を選んで手に乗せてもらいましたが、とっても軽い。そしてどんどん登ってくる。肩まで登ってきてなんだか可愛かったです。
 う~ん、飼いたいかも。

 ことりカフェ表参道 | モモイロインコやオカメインコたちが癒してくれる表参道のことりカフェ
[PR]

by ma2i | 2016-04-06 21:04 | 旅行 | Comments(2)

東京旅行⑥ 築地市場その2

 水産物と青果の卸売市場へ。
 一般人は9時から入ることができます。もうすでに外国人でいっぱいでした。世界最大級の市場は見ごたえがありますね。
a0023397_00131572.jpg

a0023397_00104830.jpg

スチロールの山。
a0023397_00104872.jpg
a0023397_00104861.jpg
a0023397_00104846.jpg
a0023397_00104829.jpg

刀みたいな包丁。
a0023397_00104878.jpg

サクサクと切り分けられていく。
a0023397_00104877.jpg

この石畳! なんか見たことあるなと思ったら、七間町の石畳と同じでした!!
あとで調べたら、石畳はヨーロッパに倣ったもので、水はけが良いとか。
a0023397_00104885.jpg
a0023397_00174403.jpg
a0023397_00104951.jpg
a0023397_00161307.jpg
 一般人が入れる時間には、もうすべて終わってる感じでした(当たり前か)。
 ともかく広くて次から次へとスチロールに入れた魚がターレで運び出されて、トラックへ乗せられて行きました。
 ただやはり市場はただ屋根があるだけで冷暖房もないし小動物も出入り自由なので、真夏なんかは衛生が保てないよなと思いました。
 移転して綺麗になるとどうなるのでしょうか。


 青果の方はダンボールの山でした。
a0023397_00225108.jpg
a0023397_00225156.jpg
a0023397_00225189.jpg
a0023397_00225155.jpg
 というわけで世界最大級の市場の体験が終わりました。
 結局3時半に来て10時まで築地に居ました。その時間になると場外も観光客でいっぱいでした。
 一度は築地を体験するといいかもしれません。

 
 

[PR]

by ma2i | 2016-04-06 00:26 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行⑤ 築地市場その1

 さ~て、今回の旅行のメインイベント!
 築地市場。
 まずは早朝のセリ見学!
 なんでも朝5時から受付だけど、4時半には締め切ってしまうとか。
 というわけで、近くの新橋のカプセルホテルに泊まり、早朝の3時半にチェックアウト。タクシーで築地市場の勝鬨橋門へ向かったのですが・・・。
a0023397_23144858.jpg
 なにやら入口で警備員が手を振っている。そこへのあとからあとからタクシーが乗りつける。ほぼ全員が外国人。そして来る人来る人を追い返しているではないか!
 警備員に聞いてみると、
 「もう締め切ったよ」
 なんですとー!
 聞くと午前3時には定員に達したので締め切ったとのこと。
 しまった、遅かった・・・。がっくし。
 世界が相手を甘く見ていました。あとから考えると、桜の季節でもあり、訪日外国人はピークだったのではないでしょうか。
 朝3時半にタクシーで910円かけて行ったのは無駄になりました・・・。

 さて・・・。市場のお店が開きはじめるのは5~7時。それまでどうしましょう。
 トボトボと来た道を歩いていると、24時間営業のファミレスがあるではないですか。助かった。
 そこでしばし休憩したのでした。

 7時。築地市場の場内へ。魚の卸市場は9時からしか入れませんが、飲食などの魚がし横丁は誰でも入れます。
 築地というと寿司や海鮮などのお店がガイドブックでも紹介されていますが、静岡でもおいしいもの食べられるのであまり興味がない。
 しかも朝の7時から外国人のすごい行列。
a0023397_23265295.jpg
 というわけでまずは場内唯一のカレー屋さんに行ってみました。
 「印度カレー 中栄」
 大正元年創業の老舗です。
a0023397_23281156.jpg
 恐る恐る中へ入るとカウンターのみで、中には3人くらいのいかにも市場の人がいます。
 ここで注文するのは「合がけカレー」(650円)。
 15秒くらいで出てきました。さすが市場は早い。
a0023397_23281135.jpg
 辛口のインドカレーと甘口のビーフカレーが合がけになっていて、2つの味が楽しめます。
 インドカレーは豚ばら肉。ちょっとカルダモンが効いてる。スパイシー。
 ビーフカレーは牛肉で甘め。
 ご飯が結構大盛りでした。どちらかというとインドカレーの方が好みかな。飽きない味です。

 ここのお店がすごいのは、入ってくる常連さんは顔を見ただけでカレーが出てくるのでした。
 「いらっしゃーい。はい、いつものね」みたいな。
 あとは「半カレー」みたいなメニューにない注文の人も多くて、常連だけの暗号があるようです。

 中栄 (ナカエイ) - 築地市場/カレーライス [食べログ]

 そのあとは市場をびゅんびゅん走るターレ(右)や大八車(左)を避けながら散策。
a0023397_23532570.jpg
 吉野家1号店があったり。
a0023397_23550088.jpg
 年季の入った自転車が活躍。
a0023397_23552907.jpg


 玉子焼きの食べ歩き。朝カレーが効いていて4店舗しか食べられなかった。

 大定・焼きたてふわふわ、甘い、出汁が効いてる、酒も。
a0023397_23564231.jpg

 丸高・フィルムで巻いてある。冷たい、甘い、酒、出汁。
a0023397_23564285.jpg

丸武・テリー伊藤の実家として有名。甘い、ふわふわ。
a0023397_23564266.jpg

山長・ふわふわ、大根乗ってる。
a0023397_23564261.jpg

 市場ならではの落し物!? 取りに来るのかな。
a0023397_00063517.jpg

鯛ならぬマグロ焼き。
a0023397_00064989.jpg

包丁に群がる外国人。
a0023397_00070128.jpg

そんなこんなをしていると、9時に。場内の卸売市場に入れる時間になりました。突撃。



[PR]

by ma2i | 2016-04-06 00:04 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行④ 銀座・ライカギャラリー~味の店 乃だや

 千鳥ヶ淵~靖国神社のあと、銀座ライカギャラリーで行われていたロベール・ドアノー写真展「Les Leicas de Doisneau」に寄りました。
 作品数は少なかったけれど、コンタクトプリントが見られたので良かったです。写真の行間がわかりますね。
a0023397_22430201.jpg

 そして1日目の最終目的地の「味の店 乃だや 銀座店」へ。
 銀座の西側の山手線沿いを新橋方面に歩いていきます。
 パシフィック銀座ビルを見つけると、
a0023397_22480934.jpg
 角に看板が置いてあります。
a0023397_22481429.jpg
 路地に入って右手にある山城ビル。
a0023397_22482116.jpg
 ここの地下に「味の店 乃だや 銀座店」があります。
a0023397_22482548.jpg
a0023397_22510314.jpg
 大将の野田さんには前職でとってもお世話になりました。
 野田さんは月~金で銀座店を切り盛りし、土日は静岡店を見ています。静岡店は基本的には息子さんに任せています。
 銀座で静岡の味が楽しめるのはいいですね。仕入れも基本的には静岡で行っていて、静岡ならではの食材もたくさんあります。

 奥のゲソ団子はふわふわでおいしい。
a0023397_22553779.jpg
 太刀のねぎま。
a0023397_22553713.jpg
 もちろんおでんも。
a0023397_22553795.jpg
 ながらみ~。
a0023397_22553753.jpg
 〆はやっぱり焼きそばで!
a0023397_22553782.jpg
 野田さんは話し上手に聞き上手。ひとりで行ってもとっても楽しかったです。銀座へ行ったときにはぜひ。

 味の店 乃だや 銀座店 - 銀座/おでん [食べログ]
 

[PR]

by ma2i | 2016-04-05 23:05 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行③ 千鳥ヶ淵から靖国神社で桜を。

 神田の喫茶店エースをあとにして、千鳥ヶ淵へ向かいました。
 ちょうど季節的に桜が見ごろだったので、お散歩コースに入れてみました。よくニュースなどで聞く名前なので行ってみようと思いました。
 ただ、マップを見た限りではどのあたりに桜が咲いているのかよくわからない。
 そこでとにかく千鳥ヶ淵の方角へ歩いてみました。
 これが結構距離がありました。いまマップで図ってみたら3.4キロで40分くらい歩いたようです。
 途中、縁道にはソメイヨシノだけではなく、いろいろな桜が植えられていて多様性があるなと思いました。
 はとバスでの観光も楽しそうです。 
a0023397_22161957.jpg

 歩いている人が多いなと思ったら、その日の前後で皇居の桜が一般公開されており、それを見に来た人も多かったようです。
 あとは適当に人の流れる方向へ行くと、千鳥ヶ淵のボート乗り場へたどり着きました。この辺りが見所のひとつのようでした。
 平日でしたがボート乗り場は大行列で、しかもその日は風が強くて休止中でした。
a0023397_22185130.jpg

 撮影スポットは人だかり。
a0023397_22200962.jpg

 ずんずん北へ歩いていくと、九段下方向へ出ました。振り返るとまた撮影スポットが。東京タワーと桜。ここが一番好きかな。
a0023397_22210307.jpg

 そして歩いていくとなんか大きな鳥居が。
a0023397_22222539.jpg

 何だろうと思って進むと、「靖国神社」の文字が。ここがあの有名な靖国神社か! ということでお参りしていきました。
 ここも桜の名所らしくて外苑は飲食の屋台が立ち並び、宴会状態でした。英霊たちも日本の繁栄を喜んでいるのでしょうか。
 旅のおもしろさはこういう予期しない出会いがありますよね。 
a0023397_22251142.jpg

 お参りして御朱印もいただきました。
a0023397_22254212.jpg
 ここで夕方5時を過ぎたので、銀座の乃だやさんへ向かいました。

[PR]

by ma2i | 2016-04-05 22:30 | 旅行 | Comments(0)

東京旅行② ソラノイロでベジソバ~喫茶エースでのりトースト

 弥生美術館の次はお昼なので、話題のベジソバが食べられるソラノイロNIPPONへ行きました。
 こちらは東京駅・八重洲口方面の地下1階の東京ラーメンストリートにあります。
 東京の有名ラーメン店が8店舗集まっています。

 ソラノイロが特徴的なのは、「ベジソバ」という麺・スープ・具がすべて野菜からできているところです。
 いったいどんな味なのか、確かめに行ってきました。
 13時少し前に着きましたが5分ほど待って入店できました。
 店内はいまどきのお店らしく、カフェのような内装です。ベジソバということで女性客を意識していますね。
 頼んだのは「特製ベジソバ」1,100円。5分ほどで出てきました。
 じゃーん。
 
a0023397_20145026.jpg
 野菜がゴロッと入っていますね。ブロッコリー・キャベツ・レンコン・サツマイモ・ニンジン・トマトなど。
 スープはベジブロス(野菜くず)にニンジンのグラッセ(甘露煮)のピュレ(すりつぶして裏ごししたもの)が混ぜ込んであるそうです。
 油は米油、塩だれはボルチーニ・しいたけ・昆布にフランス産のゲランドの塩を混ぜ込んであります。

 また麺がオレンジ色で何だろうと思ったら、うどん用中力粉にパプリカが練り込んであるそうです。
 徹底的に野菜ですね。
a0023397_20412408.jpg
 食べてみた感想は、おもしろい体験だなと思いました。
 スープはポタージュを飲んでるみたいで甘味があるけどちょっとザラツキがある。麺はもっちりしていて良かったです。
 よく野菜だけでラーメンっぽいものを作ったなと感心しました。というか日本人はそこまでしてラーメン食べたいかという気がしなくもないです。
 食べたあとも、ラーメン食べたなという感じはなくて体が軽かったです。
 お店はベジソバだけではなく、中華そばや塩ラーメンもあるのでそちらも食べてみたいですね。

 ソラノイロ
 http://soranoiro-vege.com/


 さてそのあとは、中央線に乗って神田で降りまして、目指すは「喫茶 エース」です。
 3/15に放送された「マツコの知らない世界」の純喫茶特集でちょっと気になっていたお店です。
 おすすめメニューが「のりトースト」170円。安い!
 
a0023397_20480349.jpg
 神田駅からほど近い場所にひっそりと佇んでいました。
 外や中にびっしりとコーヒーの銘柄が書いてあります。世界のコーヒー40種類だそうです。
 中に入ると昭和な感じの店内。椅子はオレンジ。昭和46年創業ということなので、もう45年もやっているのですね。
 その日はコスタリカのコーヒーがサービス品で480円でしたので、のりトースト(170円)と注文しました。コーヒーはサイフォン式のようです。
 時間が13時半くらいでしたのでそんなに混んではいませんでしたが、地元のサラリーマンなどが多く感じられました。
 「新発売 ローストビーフサンドイッチ 540円」と店内に掲示されていますが、いつから新発売なのか気になりました。30年位ずっと新発売だったりして。

 また、隅の席に着物姿の男性がいたのですが、店主との会話を聞いていたらどうも落語家さんのようでした。ちょっと名前はわかりませんでしたが(なんとなくくつろいでるところに話しかけられない)、神田の喫茶店らしい光景だなと思いました。

 コスタリカのコーヒーは酸味もなく飲みやすかったです。好み。
 そしてのりトースト。これがおいしかった。
 パンとのりがバター醤油で絶妙なハーモニーを奏でていました。家でもやってみよう! 
a0023397_20480317.jpg
 帰りがけにレジで支払いをしていると、「旅行ですか、どちらから?」と気さくに話しかけてくれました。
 そんなご主人だからこそファンが多いのでしょうね。
 お店の魅力ってなんだろうなと思ったら、やっぱり店主の人柄ではないでしょうか。
 そんなことを感じた喫茶店でした。

 珈琲専門店 エース (コーヒーセンモンテン・エース) - 神田/喫茶店 [食べログ]
 
 次は腹ごなしに歩いて、千鳥ヶ淵の桜を観に。

[PR]

by ma2i | 2016-04-04 21:19 | 旅行 | Comments(0)