カテゴリ:旅行( 40 )

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

 沖縄旅行で一番気になったのは、まちのあちこちにある「石敢當」という石碑でした。
 一番最初に気がついたのは、フクギの並木を歩いているときでした。
a0023397_22532897.jpg
 車にも貼ってある。
a0023397_22544182.jpg
 こんなおしゃれなガラスのものも。
a0023397_22553390.jpg
 首里の石畳にも。
a0023397_22563016.jpg
 国際通りにも。
a0023397_22570887.jpg
 従姉に聞いてみたのですが、元は中国から伝来した風習で、魔除けの石だそうです。
 読み方は「いしがんとう」など。 なんでも沖縄の魔物「マジムン」は直進しかできないため、T字路や三叉路の突当りにこれを置いておくと、魔物がぶつかって砕け散ってしまうとか。
 直進しかできないって、沖縄の魔物はなんだかとってもお茶目だなと思いました。
 なにかグッズがないかなと探したのですが、ステッカーぐらいしかなくて残念な思いをしました。

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-06 23:08 | 旅行 | Comments(0)

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港

 旅行もあっという間に最終日。
 朝ごはんにはゴーヤーチャンプルー。
a0023397_22195219.jpg
 そして最終日は沖縄の歴史や文化を知ろうと、県立博物館へ行こうとしていたのですが・・・。
 ふと調べてみたら、1週間の臨時休館・・・。えー、なんてことか。
 というわけで、車を飛ばして「ひめゆりの塔」へ行きました。那覇市内から南へ車で40分ほどです。
 資料館を見て慰霊碑に花を手向けて。
a0023397_22234823.jpg
 大半の人が戦争を知らない世代になりつつあるいま、戦争を繰り返さないためにはなにができるのかな。

 お昼は那覇へ戻ってきて、沖縄旅行の〆はやっぱり沖縄そばということで、「亀かめそば」にて。軟骨そば(550円)がおいしかった。
a0023397_22285866.jpg
 そして駆け足で波上宮にお参りし、御朱印ゲット。
a0023397_22305679.jpg
 そのままレンタカーを返し、那覇空港へ。
a0023397_22321136.jpg
 今回の旅で従姉にも無事会えたし、食べ物もおいしかったし、風土に触れることができてほんと良かった。

 今回の旅で思ったのは、私は歩くのが好きなんだと。
 車で名所をピンポイントで移動するのもいいのですが、やっぱりまちを歩いていろいろな発見をするのが好きなんだぁなと思いました。
 今度はゆっくり那覇やそのほかの場所を歩いてみたいな。暑いけど。
 というわけで、沖縄、また来るぜ!!!

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-06 22:36 | 旅行 | Comments(0)

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内

 3日目の午後は、車をホテルへ置いて従姉に会うべく首里まで行きました。
 近くの駅からモノレールに乗ります。
 通称「ゆいレール」は2003年8月に開業した那覇空港駅から首里駅までを結ぶモノレールです。
 那覇空港から首里駅まで約27分の線です。
 今回は1日乗車券700円を買いました。ゆいレールの切符はバーコードをかざして読み取る方式のようです。
a0023397_20451493.jpg

 モノレールの中は冷房が効いていましたが、外ではちょっと歩いただけでも汗だくで、旅行中はずっとペットボトルのさんぴん茶(ジャスミン茶)を飲んでいました。
 これがまた沖縄の気候に合っていて、すーっと染み渡る感じでした。なんでこんなにおいしいの? でもきっと静岡に帰ってきて飲んでもおいしくないんだろうな。
a0023397_20493157.jpg

 首里駅から首里城までの道。沖縄らしい。泡盛特売会。
a0023397_20561747.jpg
 交番もこんな感じ。
a0023397_20562963.jpg

 そして従姉と再会。会うのは何年ぶりでしょう。話し方とか声とかやっぱり変わらなくて懐かしいな~。
 沖縄に住んで7年。すっかり沖縄っ子?です。
 彼女のおススメのとうふ屋さん「beans」でランチを食べました。
 北中城(きたなかぐすく)産のアーサ入りの「ゆしどうふ定食」を注文。前菜とライスがついて600円は安い!
 アーサの香りもあってとってもおいしかったです。前菜も1つひとつ本格的でした。
a0023397_21005015.jpg

 ランチのあとは一緒に首里城周辺を散策。
 池の周りでへんてこな鳥が子育て中(あとで調べたらバリケンというカモの仲間らしい)。a0023397_21135476.jpg
 守礼門。沖縄の銀行では積極的に2千円札を出してくるけど、ATMには2千円札要りませんボタンがあるとか。
a0023397_21172564.jpg
 首里金城町石畳道。首里城へ続く長い石畳です。首里城は坂の上にあります。
a0023397_21225536.jpg
 石畳の途中から少し入ったところにある大アカギの樹。樹齢300年超だとか。この辺りは森だったそうですが、戦争で焼けてしまい、残ってるのは6本とのこと。沖縄戦火のすさまじさを感じました。
a0023397_21254164.jpg
 坂の上まで戻って、汗だくだったので首里社館のレストランで休憩。
 沖縄名物「ぜんざい」(350円+練乳100円)とジュースを頼みました。
a0023397_21334431.jpg
 沖縄でぜんざいというとかき氷のことなんです。練乳かかってますけど、真っ白なふわふわのかき氷です。氷を掘っていくと、下からあずきが出てきます。金時かき氷の反対ですね。
 で、うしろの緑色のジュースは・・・なんと抹茶ではなくてゴーヤージュースです(>_<)
 飲んでみると・・・にがーい。これまでになく苦いジュースです。でもなんだか疲れた体に染み渡ります。
 従姉も海なんか行って疲れた時に飲むと生き返るそうです。さすが地元のものは理に適ってる!

 このー木なんの木♪に出てきそうなガジュマルの木。
a0023397_21451695.jpg
 そして首里城で一番好きな場所を案内してくれました。
a0023397_21462732.jpg
 那覇のまちが見渡せる展望台です。海の方までよーく見えます。那覇のまちは大きい!

 ガジュマルは「歩く木」とも呼ばれているそうです。横に根を伸ばし、古いものから新しい根へ移っていくのでいつの間にか木が移動しているとか。
a0023397_21480070.jpg
 そして従姉と別れ、首里城内部へ(820円)。a0023397_21521618.jpg
 お菓子をいただいたりしてゆったりしましたよ。このさんぴん茶がとってもおいしかった!!a0023397_21531507.jpg

 そのあとは国際通り、牧志市場周辺を散策。
 国際通りはお土産物屋さん通りで、市場は夕方なのでほとんど閉まっていたけどこういう雰囲気は好きです。
a0023397_22034985.jpg
a0023397_22034927.jpg
 表の繁栄とはうらはらに・・・。a0023397_22034941.jpg
a0023397_22034974.jpg
a0023397_22035094.jpg
 夜は栄町市場でご飯。夜はこうして道端にイスとテーブルが出て屋台みたいになります。小籠包と焼餃子がおいしかった!
a0023397_22035048.jpg

 そんなこんなで3日目も終わり。従姉が元気そうでよかったよ。

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-06 22:10 | 旅行 | Comments(0)

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽

a0023397_10194820.jpg
 3日目の朝ごはん。やっぱりゴーヤちゃんぷるはおいしい。

 この日の午前中は南東へ車を飛ばして1時間くらいの南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」へ。琉球王朝時代からの聖地です。御嶽(うたき)というのは沖縄の聖なる空間で、祈りをささげる場所ということです。
 まず、駐車場にもなっている入口向かい側の南城市地域物産館でチケットを買います。200円。そしてちょっと歩いて「緑の館・セーファー」へ。ここでチケットを渡すと、ビデオを見るように促されます。聖域なので、入場の際の注意事項などが流されます。
a0023397_10343898.jpg
a0023397_10354634.jpg
 夏の空。
a0023397_10370292.jpg
 いくつかの遥拝所があります。沖縄では岩に向かってお祈りするようです。
a0023397_10385573.jpg
 緑の空間。
a0023397_10393783.jpg
 岩から滴り落ちる水を受ける壺。聖なる水。
a0023397_10401197.jpg
 蝶々。調べたらリュウキュウミスジというらしいです。リュキュウミスジ
a0023397_10405278.jpg
 三庫理(さんぐーい)の三角岩。
a0023397_10413975.jpg
 神の島と言われた久高島を臨む遥拝所から。

 この場所は同じ名称の場所があったりと首里城ともリンクしていて、琉球の信仰の場所なんだなと思いました。
 ちなみに1グループ10人まで2000円でガイドがついてくれるので、ガイドさん頼んだ方がいろいろわかって良いかと思います。

 a0023397_10491370.jpg
 午前中は晴れて、沖縄らしい空が見えた。
a0023397_10494763.jpg
 物産館のテーブルの上でくつろぐ猫。沖縄はこんな風にくつろいでる猫が多い。

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-05 10:51 | 旅行 | Comments(0)

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮

 沖縄旅行2日目の後半です。美ら海水族館、フクギ並木を見てお昼を食べたあと、もう1軒沖縄そば屋さんへ行きました。
 午後2時前でしたが、最初に行きたかった「つる屋」はちょうど私が行ったところで売り切れで、「きしもと食堂 八重岳店」へ行きました。
 2時過ぎでしたが駐車場はほぼいっぱいで、お客さんが外まで並んでいました。ガイドブックにも載ってるし食べログ等で評判もいいので仕方がないですね。
 20分ほど並びました。平日の沖縄で並んだのはここだけかな。回転は悪くないです。

a0023397_09274301.jpg
 沖縄そば(小)500円。小サイズでも結構ボリュームありました。スープはちょっと濃い目で甘味が強かったかな。三枚肉がホロホロでおいしかったです。
 ちなみにこの「きしもと食堂 八重岳店」がある県道84号線沿いにはほかにもいくつか沖縄そば屋さんがあり、通称「沖縄そば街道」と呼ばれているそうです。

 そのあとはカフェなども行きたかったのですが、沖縄そば街道を南下して1時間ほどの宜野湾市普天間にある「普天間宮」へ行きました。
a0023397_09341205.jpg
 ここでは沖縄唯一の御朱印帳と、洞穴の見学が目的でした。
a0023397_09384643.jpg
a0023397_09385358.jpg
 達筆です。御朱印帳込みで1,500円。

 神社の社務所で見学を申し込むと巫女さんが案内してくれるのが「普天満宮洞穴」です。ちょうど神社の社殿の下あたりになるのではないでしょうか。
a0023397_09404794.jpg
 神秘的な鍾乳洞が広がります。地上の喧騒を忘れるような静寂。まさに聖域という感じでした。

 その後はまた1時間くらいかけて那覇市内のホテルへ。夕方の道路は多少渋滞しましたが、それほどでもなかったです。観光シーズンになるとどうなんでしょうね。
 外へ飲みに行こうかと思いましたが、日中歩き回って意外と疲れていたので近所のスーパーでご飯を買って済ませました。
a0023397_09494410.jpg
 スーパー「りうぼう」。最初「うりぼう」かと思いました。
a0023397_09480595.jpg
a0023397_09525178.jpg
 ここでも沖縄名物、グルクンのから揚げ131円、ジーマーミ豆腐170円、ウムクジ天ぷら62円、紫芋のコロッケ102円、ゴーヤーおにぎり118円。
 ウムクジって何だろうと思って調べたら、紫芋のデンプンで作ったモチだそうです。もちっとしてておいしかったです。
 ゴーヤーおにぎりはゴーヤーちゃんぷるみたいなのが入ってました。

 さすが! ホテルのお茶がゴーヤー茶でした。
a0023397_10045051.jpg


 そんなこんなで2日目も終わりました。天気は曇りでしたが、朝から30度あり湿度も高く歩くと汗だくでした。やっぱり南国です。

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-05 10:05 | 旅行 | Comments(0)

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木

 a0023397_20395201.jpg
 2日目は6:30起床。部屋の中はエアコンかかっていたため外でカメラを出したら即効で曇りました。すごい湿度です。

a0023397_20362952.jpg
 7:15くらいに朝ごはん。おかずは麩チャンプルー(右上)とクーブイリチー(昆布の炒め物)(右下)など。朝はあまり食べないのでこれくらいで。
 サービスのアセロラドリンクがさっぱりしていておいしかったです。

 そしていよいよ「美ら海水族館」へ。朝の8:30開館なので、8時過ぎにチェックアウト。水族館まで10分ちょっと。
 一番近くのP7駐車場に止めるとほかの観光客がちらほら。平日はこんなものでしょうか。
 入場ゲートに並ぶと2番目でした。
 そして定刻通りに開館。
 昨日民謡居酒屋で仲良くなったのTさんに教えてもらった通り、とりあえず巨大水槽である「黒潮の海」を目指しました。
 一番乗り~。

a0023397_20452853.jpg

 ジンベエザメさんたちを独り占めしてきましたよ。
 そして今回は浴衣でジャック! 地元の人は、暑すぎるのでほとんど着物は着ないらしいです。なので結構珍しがられました。
 黒潮の水槽を見て思ったのは、ほんとに多種多様な生き物が海の中にも生息しているということ。大きな魚小さな魚、マンタやサメなどなど。この多様性が地球の素晴らしさですね。
 7割くらいの時間を巨大水槽の前で過ごしましたが、ほかにもいろいろ。

a0023397_21150198.jpg
a0023397_21125013.jpg
a0023397_21132155.jpg

 次に昨日行けなかった「エメラルドビーチ」
a0023397_21155249.jpg
 やっぱりこの日も曇っていて、エメラルドの海は拝めませんでした。そして風は強かったけれど暑さですでに汗だくなのでした。
 曇っていても日焼け止めは必須です。

 次にその近くの「備瀬のフクギ並木」へ。フクギとはフクギ科の常緑樹で、葉が平たく大きいことからかつて防風林として植栽されたものが今も残り、それに囲まれる昔ながらの家々が見所です。
a0023397_21224320.jpg
a0023397_21230091.jpg
 なんか茶色いものが道に落ちてると思ったらニャンコでした。まったく警戒していません。
 ちなみに蚊が多いので虫よけ必須です。
a0023397_21234212.jpg
 水牛車もあり、のんびり巡ることもできます。レンタルサイクルもあります。並木の端から端まで歩くと結構あり、しかも一本道ではなく、地区全体が並木なのでじっくり見ると結構歩くので乗り物も良いかも。でも歩くといろいろ発見があっておもしろいですよ。
 確かに海辺はすごい風だたのですが、並木の中はそよ風程度でした。
 また、並木は綺麗に掃き掃除がされていて、景観の保護にちゃんと力を入れてるなと思いました。大切にしたいですね。

a0023397_21280877.jpg
 入口のシーサー。こんなかわいいものもいたり。a0023397_21283925.jpg
 あちこちのT字路などになぞの石碑があったり(これはあとでわかるのですが)。

a0023397_21323365.jpg
 沖縄の民家。やっぱり屋根にシーサーが。

a0023397_21331021.jpg
 お昼は歩いて見つけた「コッコ食堂」。
a0023397_21334602.jpg
 地鶏黄金そば。850円。沖縄そば風なのですが、出汁が鶏で、どちらかというと鶏清湯です。上にふわふわの卵と鶏肉が乗り鶏尽くし。
 なんだかいろいろコラーゲンの効能が壁に書いてありますが、とにかくおいしかったです。オンリーワンですね。秋に東京にも支店を出すとか。

 というわけで2日目の前半終わり。

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-01 21:48 | 旅行 | Comments(0)

富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋

a0023397_19231928.jpg
 いろいろとタイミングが重なり、富士山静岡空港から3泊4日で沖縄旅行へ行ってきました。
 今回の旅の目的は以下のように設定しました。
 1.7年前に移住した従姉に会いに行く。
 2.初めて行く沖縄の風土や文化に触れる。

 富士山静岡空港から那覇空港まで、往きと帰りで1日1便ずつ出ています。ただし、往きは13:10発で到着が15:40なので夕方になります。到着手続きやらレンタカーを借りると16:30くらいになり、夜の街に出るか移動日にするかだと思います。
 私の場合は美ら海水族館のある本部町(もとぶちょう)のホテルまでの移動にしました。高速道路の沖縄自動車道車を使っておよそ2時間くらいです。
 途中、高速道路の終点でもある許田(きょだ)の「道の駅 許田」に寄りました。およそ中間地点です。ここは物産センターにもなっていて、お土産物からフルーツ、農産物などが所狭しと並んでいました。
a0023397_17555980.jpg
a0023397_17565851.jpg
南国らしい風景。
a0023397_17583912.jpg
一番びっくりしたのが巨大ゴーヤ。こちらで見るのより3倍くらい大きかったです。
a0023397_18032984.jpg
 あと豚さんの顔が売ってます(>_<) チラガーというらしいのですが・・・。
 ここでの目的は、翌日の美ら海水族館の入場券を買うこと。場外でいくつも売っている場所があるのですが、ここが一番安いらしいです。
 通常大人1,800円のものが1,600円で買えました。


 さてさてそこからまた車で1時間ほど飛ばして、本部町の西海岸「エメラルドビーチ」へ行きました。
 沖縄だ! 海だ! ということで、ちょうどビーチからの夕日が綺麗じゃないかなと思たのですが・・・。
 なんと、エメラルドビーチは管理されたビーチで到着した19:30には閉じてしまうとのこと。白い砂浜とビーチは拝めませんでした・・・(泣)。
a0023397_19281054.jpg
 なのでちょっと離れた駐車場からの夕景。まあ、1日目と2日目は曇っていたので、感動するような夕景は拝めなかったのですけど。

 そしてここからがハイライト。丘の上にあるホテルにチェックインして、あらかじめ地図で探していた居酒屋へGO!
a0023397_19301653.jpg
 その名も「民謡居酒屋 かなさんどー」(写真は昼間です)。
 たまたまホテルの近くをグーグルマップで見てたら見つけて、民謡居酒屋って何だろうと思い、行ってみることにしました。
 これが当たり!
a0023397_19370765.jpg
 オリオンビール、グルクンのから揚げ、豆腐よう(右下)、ゴーヤちゃんぷる。
 沖縄と言ったらオリオンビールでしょう! そしてグルクンのから揚げはカリカリ。ゴーヤちゃんぷるは、ちゃんとゴーヤが苦くておいしかった。こっちで食べると全然苦くないんですよね。
 そしてそして豆腐よう・・・は酸っぱいチーズみたい。うーんお酒に合うのかな。台湾の臭豆腐といい南国は発酵豆腐が名物に多いのですね。
a0023397_19392651.jpg
 締めに沖縄そば。これがまたおいしかった。豚の清湯スープにかつお出汁、トッピングに豚の三枚肉。


 そして何といっても沖縄民謡。民謡は20:00くらいからと、時間を見てもう1回の2ステージが基本。間にお客さんも歌えるステージもあったりと、参加型のライブです。
 最後は酔った勢いもあって歌えや踊れやの大合唱。「カチャーシー」というらしいですが、その場にいた人たちと仲良くなったりしてとっても楽しかったです。
 カチャーシー - Wikipedia
 そういえば、中学の時に初めて買ったCDが「THE BOOM」の「島唄」だったんですよね。沖縄的サウンドは昔から好きでした。
a0023397_19424045.jpg
 沖縄にはこういった民謡居酒屋や民謡酒場がいくつもあるようです。
 沖縄行ったらぜひ足を運んでみてください!
 ちなみに「かさなんどー」とは「愛しい」という意味だそうです。

 そんなこんなで1日目はバタンキュー。

 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その1 民謡居酒屋
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その2 美ら海水族館~フクギ並木
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その3 沖縄そば~普天間宮
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その4 斎場御嶽
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その5 首里城~那覇市内
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その6 ひめゆりの塔~那覇空港
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その7 マンホール
 富士山静岡空港から行く沖縄の旅 その8 石敢當って?

[PR]

by ma2i | 2015-07-01 20:11 | 旅行 | Comments(0)

まぐろと映像のまち、三崎町

先日、神奈川県の三崎町(三浦市)に視察に行ってきました。
ここはマグロのまちとして近年まちおこしをしていて、観光客が多く訪れます。
また、映画やドラマのまちとしても有名です。

古くから漁港として栄えましたが、近年水揚げの減少や冷凍技術の発達で船の数が減ってしまいさびれたのですが、まちの人が危機感を憶え団結して、マグロのまちと映画などのロケ地誘致で観光客を多く獲得しています。

感想としてはとにかくまち歩きが楽しい町だなと思いました。
古い町なので路地が狭く、また看板建築などの古い建物が多く残っています。
a0023397_2283469.jpg

a0023397_2283557.jpg

a0023397_2283683.jpg

a0023397_2283682.jpg

a0023397_2283717.jpg

蔵の中はリノベーションして若いお兄さんが器ショップを開店。
a0023397_2283884.jpg




お昼はマグロラーメン。
a0023397_2283569.jpg


猫も多い。ほんとにお魚くわえた猫が歩いてるらしい・・・。まちの人もおおらかなので干している魚を1匹くらい獲られても追いかけない。
a0023397_2283418.jpg


好きだったテレビドラマ「泣くな、はらちゃん」でも舞台になりました。
a0023397_2283865.jpg

a0023397_22285879.jpg

a0023397_2284159.jpg


フィルムコミッションの事務所は数々のグッズがあって、ここだけは写真OKでした。
a0023397_2284379.jpg



まぐろジェラード食べそびれた・・・。
a0023397_228405.jpg


a0023397_2229429.jpg

実際住むと大変かもしれませんが、海辺のまちって好きです。
また泊まりでゆっくり行きたいです。
[PR]

by ma2i | 2014-10-28 22:38 | 旅行 | Comments(0)

【更新】有松で絞りと出会う。

とっても久しぶりに18切符を使って小旅行。
七夕まつりが行われてる安城に行くついでに、有松絞りで有名な有松に行ってみました。
ネットの路線案内だと豊橋から名鉄で行くのが最短でしたが、18切符なので、JR金山駅まで行って名鉄に乗り換えて少し戻りました(300円)。

じゃーん。前日に思い立ったのであまり下調べもせずに突撃。井桁屋さんの前あたりが撮影スポット。
a0023397_2312087.jpg

井桁屋(いげたや)は有松絞りを扱うお店。いろいろ説明や商品を見せていただきました。
自然と化学染料の違いは一目瞭然!
藍染などは浸けては乾かし浸けては乾かしを繰り返して染めるのでやさしい風合い。
化学染料は一発で濃い色になるのでくっきりはっきりという感じでした。
デジタルとアナログの違いみたいな。

それとお気に入りの生地を見つけてしまいましたが、ろくまんえん! どうやって手に入れましょうか。


次に有松・鳴海絞会館へ(大人300円)。
竜巻絞を披露する小林喜代子さんにお話をうかがいました。
a0023397_2314569.jpg

有松絞りの技法は100種類くらいあるけれど、いまできるのは20-30種類とのこと。
さらに技法は本来、一子相伝つまり一人ひと技法だそうです。
工程は他の着物などと同様に、分業されており、型の職人や染の職人、絞りの職人などがいるのですね。
絞りという技法を生み出した昔の人の創意工夫に驚きです。

お昼は築85年の旧商家・神半邸をリノベーションして入居しているパン屋・DASENKA(ダーシェンカ)有松店にて。
天然素材にこだわって石窯で焼いているそうです。
a0023397_9584516.jpg

a0023397_1005464.jpg


くるみパン216円と野菜カレーパン346円。
素敵なお庭があったので食べようと思ったのですが、蚊が多くて退散。
a0023397_1003567.jpg




まち歩き。有松駅の南側は「町並み保存地区」に指定されていて、江戸時代から続く町屋が並んでいます。これを維持していくのは相当大変なはず。

駄菓子屋さんがありました。懐かしいビンコーラの自販機も。お店自体は最近できたみたいです。
a0023397_232475.jpg

a0023397_2335457.jpg


だしつゆの看板がいい感じ。
a0023397_2344599.jpg


渋い床屋。
a0023397_2352926.jpg


煙突があったので近くまで寄ってみましたが銭湯がありました。暖簾が出てなかったのでやってるのでしょうか?
a0023397_2355382.jpg


愉快なお米屋さんの店頭。
a0023397_2391471.jpg


マンホール。アメンボは珍しい?
a0023397_2394065.jpg


全面トタン。
a0023397_2310168.jpg


デイサービスもこんな感じ。
a0023397_23104253.jpg


これもお洒落な床屋。
a0023397_23111147.jpg


格子窓から。
a0023397_23114020.jpg


せまーい路地。
a0023397_2312997.jpg



駅のすぐ北側にはイオンタウンが・・・。なんとまあ節操のないまちづくり。
a0023397_232020.jpg


有松、まち歩きが楽しいですね。
ちなみに清水の呉服屋さんで買った、洋服仕立ての有松絞りシャツを着て有松を散策でした。
a0023397_23211323.jpg

[PR]

by ma2i | 2014-08-04 23:23 | 旅行 | Comments(0)