カテゴリ:旅行( 41 )

【更新】有松で絞りと出会う。

とっても久しぶりに18切符を使って小旅行。
七夕まつりが行われてる安城に行くついでに、有松絞りで有名な有松に行ってみました。
ネットの路線案内だと豊橋から名鉄で行くのが最短でしたが、18切符なので、JR金山駅まで行って名鉄に乗り換えて少し戻りました(300円)。

じゃーん。前日に思い立ったのであまり下調べもせずに突撃。井桁屋さんの前あたりが撮影スポット。
a0023397_2312087.jpg

井桁屋(いげたや)は有松絞りを扱うお店。いろいろ説明や商品を見せていただきました。
自然と化学染料の違いは一目瞭然!
藍染などは浸けては乾かし浸けては乾かしを繰り返して染めるのでやさしい風合い。
化学染料は一発で濃い色になるのでくっきりはっきりという感じでした。
デジタルとアナログの違いみたいな。

それとお気に入りの生地を見つけてしまいましたが、ろくまんえん! どうやって手に入れましょうか。


次に有松・鳴海絞会館へ(大人300円)。
竜巻絞を披露する小林喜代子さんにお話をうかがいました。
a0023397_2314569.jpg

有松絞りの技法は100種類くらいあるけれど、いまできるのは20-30種類とのこと。
さらに技法は本来、一子相伝つまり一人ひと技法だそうです。
工程は他の着物などと同様に、分業されており、型の職人や染の職人、絞りの職人などがいるのですね。
絞りという技法を生み出した昔の人の創意工夫に驚きです。

お昼は築85年の旧商家・神半邸をリノベーションして入居しているパン屋・DASENKA(ダーシェンカ)有松店にて。
天然素材にこだわって石窯で焼いているそうです。
a0023397_9584516.jpg

a0023397_1005464.jpg


くるみパン216円と野菜カレーパン346円。
素敵なお庭があったので食べようと思ったのですが、蚊が多くて退散。
a0023397_1003567.jpg




まち歩き。有松駅の南側は「町並み保存地区」に指定されていて、江戸時代から続く町屋が並んでいます。これを維持していくのは相当大変なはず。

駄菓子屋さんがありました。懐かしいビンコーラの自販機も。お店自体は最近できたみたいです。
a0023397_232475.jpg

a0023397_2335457.jpg


だしつゆの看板がいい感じ。
a0023397_2344599.jpg


渋い床屋。
a0023397_2352926.jpg


煙突があったので近くまで寄ってみましたが銭湯がありました。暖簾が出てなかったのでやってるのでしょうか?
a0023397_2355382.jpg


愉快なお米屋さんの店頭。
a0023397_2391471.jpg


マンホール。アメンボは珍しい?
a0023397_2394065.jpg


全面トタン。
a0023397_2310168.jpg


デイサービスもこんな感じ。
a0023397_23104253.jpg


これもお洒落な床屋。
a0023397_23111147.jpg


格子窓から。
a0023397_23114020.jpg


せまーい路地。
a0023397_2312997.jpg



駅のすぐ北側にはイオンタウンが・・・。なんとまあ節操のないまちづくり。
a0023397_232020.jpg


有松、まち歩きが楽しいですね。
ちなみに清水の呉服屋さんで買った、洋服仕立ての有松絞りシャツを着て有松を散策でした。
a0023397_23211323.jpg

[PR]

by ma2i | 2014-08-04 23:23 | 旅行 | Comments(0)

台湾雨情5・キャラ編

台湾もやはりキャラ文化なのでしょうか。
台湾で見つけたキャラクターを紹介。


台北の駅で見つけた。かわいいキャラ。
a0023397_00095640.jpg


l これは龍山寺でまだ正月のような雰囲気のところでみつけたひよこ。村長? これ以外にもいろんなところでひよこキャラが売ってたりしました。ひよこブームなんでしょうか。
a0023397_19411385.jpg

台北駅の変なキャラ。

a0023397_19411484.jpg

台北の動物園ではパンダの子供が生まれたとかで、パンダフィーバーのようでした。

a0023397_19411406.jpg
猫空(マオコン)のキャラはハローキティ。猫だからでしょうか。
a0023397_19411449.jpg
から揚げ屋さんの店頭にて。どうみてもスパーサイヤ人です。
a0023397_19411468.jpg
ちなみに台湾のテレビでは進撃の巨人をやっておりました。
a0023397_19451170.jpg
これを見ると台湾もかなりキャラ文化が浸透しているようですね。次はどんなキャラが来るのでしょうか。



[PR]

by ma2i | 2014-03-19 19:53 | 旅行 | Comments(2)

台湾雨情4・街歩き編

街歩き編。

台北の街を歩いた感想。台北は古い建物が多いですね。地震とかはないのでしょうか。
古い建物と新しいものが混在した、不思議な街でした。
とくにホテルを取った台北駅から南西部は「博愛地区」と呼ばれ、古い建物が多いそうです。

スタバの入るビルも上部はなんとも古そう。
a0023397_08484632.jpg

元銀行の建物とか。
a0023397_08522285.jpg


床が装飾されていました。
a0023397_09373551.jpg


とにかくバイクが多い。自転車より多い。
a0023397_09002693.jpg

台湾総督府。内部も見学できました。外国人はパスポートが必要で、荷物検査などありました。なんとなく東京駅に似てると思ったら、同じ建築家・辰野金吾が関わってるそうです。
a0023397_08525666.jpg

龍山寺。日本の浅草寺でしょうか。熱心にお祈りしてる人が多かったです。恋占いのスポットもあって女性に人気でした。
a0023397_09124603.jpg

吉野家もこんなビルに。眼鏡屋さんも多いです。
a0023397_08570417.jpg

こういうビルの感じも日本にはないですね。何回も建て増ししたような。
a0023397_08582568.jpg

歩道に野菜が並びます。
a0023397_08591437.jpg

警察もバイクが主体。
a0023397_09031398.jpg


こんなかわいいリラックマバイクも。一生懸命ステッカーつくったんだろうな。
a0023397_09034224.jpg


西門町。赤いレンガは日本統治時代の名残でしょうか。
a0023397_08574232.jpg


台北の渋谷とか原宿とか。
a0023397_09044966.jpg

九份は大分観光地化されていて赤い提灯がなかったらどこだかわからないような・・・。
a0023397_09161258.jpg


故宮博物館にあったゴミ箱がツボ。
a0023397_09174851.jpg


故宮博物館の正面にある建物はなんでしょうか。ホテル?
a0023397_09181792.jpg


台北101入口にあった傘袋。折り畳み傘用の短があるのがいい。
a0023397_09211516.jpg


これも戦前ぽい意匠の建物。
a0023397_09284051.jpg


セブンイレブンの前で堂々と屋台が出る。屋台が生活に溶け込んでいるんですね。
a0023397_09291841.jpg


古本屋の一角にコーヒー豆ショップが。匂いが気にならないのでしょうか。
a0023397_09302044.jpg


台北でおもしろいなと思ったのが、信号の残表示が数字なところ。具体的でわかりやすい。下の例だと残り30秒。
a0023397_09314013.jpg


雨が多いからでしょうか、ほとんどの場所で建物の1階部分がセットバックしてアーケードになっていました。ただし、アーケード部分は私有地なのでしょうか、歩道の高さなどがまちまちで、段差が多い印象でした。
a0023397_09340448.jpg



以上、とりとめもなく並べてみましたが、さすが台北は都会だけあって街歩きが楽しいです。








[PR]

by ma2i | 2014-03-16 09:38 | 旅行 | Comments(2)

台湾雨情3・食べ物編

食べ物編。

1日目は夜中にホテルに着き、2日目の朝はとりあえず街の様子がわからないので、ホテル横のベーカリーカフェで朝ごはんを食べました。
a0023397_21002071.jpg
温かい豆乳とパンで58元(約200円)。
a0023397_21011789.jpg


お昼は西門町(シーメンディン)にて「阿宗麺線」の麺。
西門町は日本の原宿のような街かな。
阿宗麺線はそうめんのような細いめんに、かつおだしのとろみのあるスープ。具として豚の大腸が入っています。
座るところがなくてみんな立って食べていました。小椀45元(約160円)

かつおだしということで日本人にも食べやすいですね。麺なのに箸でなくてレンゲのみですくって食べるのがポイント。
a0023397_21021573.jpg
a0023397_21081547.jpg
おやつは九份にて「芋仔蕃薯」という茶館へ。場所がわからず、Rさんがお店の人に聞いてくれたら、わざわざ案内してくれました。しかもすごい裏道で。いい人が多いですね。
a0023397_21190431.jpg
お店の方が最初入れ方を丁寧に教えてくれました。ここは茶壺を大きな椀に入れて温める入れ方のようです。阿里山茶を頼んだのですが、これがとってもおいしかった。
香りが非常によく、何度も淹れてしまいました。600元+お湯代4人で400元(約3,500円)。
a0023397_21182338.jpg
表?の道は洞窟の先にありました。もともと金鉱で発達して、いまはその街並みから観光の街ならではですね。
a0023397_21192866.jpg
夜は台北に戻り士林夜市へ。
食べ物あり、雑貨あり、何でもそろいそうな夜市でした。台湾ではこんな夜市があちこちにあるとのこと。
冬でもわりと暖かい気候であり、また台湾の労働事情で共働きでほとんど家でご飯を作らないから屋台や外で食べられるところが多いのかなと思います。
a0023397_21324899.jpg

a0023397_21330191.jpg
一口蟹150元(約525円)。一口サイズの蟹のから揚げ。カリカリしていておいしかった。日本でもないかな?
a0023397_21332488.jpg
蝦仁煎50元(約175円)。えびのオムレツ。ふわふわでおいしい。
a0023397_21332467.jpg

五味風螺150元(約525円)。味付けた巻貝。これはちょっといまいちだったかな。静岡の乃だやで食べたやつの方が好き。
a0023397_21332481.jpg
台湾ビール!大瓶で100元(350円)くらいだったかな。周りを見るとお酒を飲んでる人はあまりいない。台湾の人はあまりお酒を飲む習慣がないみたい。

a0023397_21332454.jpg
〆に牛肉麺も90元(約315円)。牛骨だしのラーメンみたいなもの。サッパリとしてるけど旨みがっておいしかったです。専門店ならもっとおいしいとか。
a0023397_22141719.jpg

3日目の朝は、昨日ホテルの近くで見つけた行列のできるお店。「永和豆漿大王」。街なかでわりといろんなところで見かけたので地元のチェーン店かな。
並んでいるのはほぼ地元の人。手前に厨房があって奥に飲食スペースがあるけど、ほとんどが持ち帰りらしい。みんな職場とかで朝ごはん食べるのかな。
a0023397_21444486.jpg
台湾語しか通じないので適当に指さしで注文。豆漿(豆乳)とパンで33元(約115円)。豆乳は少し甘かったけどちょうどいい甘さ。ただし量が400mlくらいあって朝からおなかいっぱい。
パンはネギと胡椒のパンでした。
厨房を見ているとこの他にも具を挟んで棒状に丸めたご飯みたいなのもおいしそうでした。
a0023397_21475362.jpg
お昼は台北101の
「鼎泰豐」(テンダイフォン)にて小籠包。超有名店らしくて整理券をもらって45分くらい並びました。
a0023397_22034733.jpg
a0023397_22034731.jpg
a0023397_22034713.jpg
a0023397_22034761.jpg
雨も降っていたので夜はやっぱり士林市場へ。
地下の飲食街にて昨日とは違うお店で。メニューに日本語が書いてあります。日本人が相当多いのでしょうね。
蚵仔煎50元(約175円)。牡蠣入りのオムレツ。
a0023397_22070866.jpg
昨日と同じ一口蟹。カリカリしててやっぱり好き。ビールに合うね。
a0023397_22070898.jpg
海鮮ばかりでなく肉も。十全排骨80元(約280円)。スペアリブを薬膳で煮込んであるとか。ちょっと薬っぽいけどおいしいスープでした。

a0023397_22070828.jpg
こちらは鶏肉版。十全鶏腿(約280円)。

a0023397_22070890.jpg
こちらはよくわからない海鮮の詰め合わせ。ちょっと辛味もあっておいしかった。
a0023397_22070839.jpg
ここで臭豆腐に挑戦したわけですが、もっとおいしいお店があるのかも。


そうそう、今回は台湾の駅弁にも挑戦! 台鐵弁当60元(約210円)。でっかい排骨がどーんと乗っています。あとはゆで卵と湯葉みたいなものと漬物とキャベツ。ご飯もおいしかったです。日本の米と変わりないですね。
a0023397_22261702.jpg
a0023397_22262222.jpg


ともかく食べ物が安くておいしい台湾でした。



そうそう、食べ物と言えば、今回初機内食も体験!
なんで機内食と言うとワクワクするのでしょうか。遠足気分だからでしょうか。
往路はポークですか?チキンですか?と聞かれ、ポークにしたところ、カツのようなものが提供されました。
a0023397_09033513.jpg
復路はビーフですかフィッシュですかと聞かれ、ビーフにしたところ。
パンとパイナップルケーキはいつもあるんでしょうね。
a0023397_09051754.jpg


[PR]

by ma2i | 2014-03-13 22:34 | 旅行 | Comments(0)

台湾雨情2・匂い編

台湾の匂いはなんですか? と聞かれたら、「八角」と「臭豆腐」ではないでしょうか。
八角は中華料理でも良く使われているおなじみの匂いですね。

んで、臭豆腐。名前の通り、ものすごい臭い。
台湾へ行く前にガイドブックで見てはいたけど、ここまで臭いとは。
台北駅の地下街の端っこでもこれを出す店があるらしくて、ホテルから駅までに行くのに毎回この臭いの洗礼を受けていました。
なんというかすごく汚い下水の臭いでしょうか。
士林夜市で揚げた臭豆腐に挑戦・・・。
a0023397_22232921.jpg
確かに食べると臭いほどではないけど、特別おいしいものでもないかな~。
ともかく臭いの元凶を確かめられたので良かったです。
日本の納豆を食べた外国人もこんな印象を持つのでしょうか。

[PR]

by ma2i | 2014-03-13 09:09 | 旅行 | Comments(0)

台湾雨情1

a0023397_21291717.jpg
3月上旬に職場の仲間と3人で3泊4日の台湾旅行へ行ってきました!

結論から言うと、台湾は食べ物もおいしいし、人もいいし、とっても素敵なところでした!
また行きたいな~(^O^)/

事の発端は職場でたまたま知り合った台湾からの旅行者Rさんがとっても素敵な人だったこと。
そして私の10年パスポートが一度も使わないまま今年で切れることでした。

パスポートは10年前にウルトラ横断クイズに出るために取ったのですが、結局ニューヨークに行けなかったので使わずじまいでした。
もともとお茶の国台湾に行ってみたかったので、この機会にRさんにも会いに行こう!ということで勢いでした。
安い航空券とホテルを探して、なんとか富士山静岡空港からの便を見つけて、ついでに台湾のホテルの日本語ページから直接ホテルを予約したのが出発の10日前というかなり強行軍でした。

なんと私は初海外!
それでも経験豊富なNさんとS女史に助けられてとっても楽しい旅行になりました。

台湾は4日間とも雨だったのですが、日本よりは暖かく、台北市内は過ごしやすかったです。
台北の印象をまとめると、

 人がいい。

 台北は気温が暖かい。日本が最高気温10度くらいのときに15度くらいだった。

 バスやタクシーが猛スピード。

 バイクが多い。

 歩道はアーケードみたいになってる。

 古い建物と新しい建物が混在したまち。

 八角と臭豆腐のにおいがするまち。

 眼鏡屋とバイク用品店が多い。

 セブンイレブンがすさまじく多い。

 お店の人はあまり愛想はないけど時おり笑顔を見せてくれる。

 台北市内中心部ならMRTという地下鉄が便利。運賃は20-50元くらい。

 食べ物はすごく安い。

 換算レートは13.5円くらいでした。


お気に入りは士林夜市。毎日夕方から夜中まで市が立っていて、賑やかでした。

屋台だけでなく、常設の市場やお店が立ち並びます。

内容も、食べ物からバッグや靴、洋服、雑貨、ペットショップ、お茶屋、などなどあらゆるものがありました。

射的や輪投げ、ダーツ、金魚すくいなんかもあって、毎日が縁日というような雰囲気です。

a0023397_21350624.jpg
a0023397_21351435.jpg
a0023397_21355768.jpg
a0023397_21495324.jpg

公設市場の地下にも飲食街があり、そこで夜はご飯を食べました。

個人的にはこの一口サイズの蟹のから揚げがお気に入りかな。

一皿150元くらい。

a0023397_21344656.jpg
台湾ビールも飲みやすくておいしかったですよ。100元くらい。
a0023397_21365620.jpg


2日目に行った九份も雨で風が強く、早々に退散してしまいましたが、茶館で飲んだ阿里山烏龍茶がとってもおいしかったです。600元+水代400元。
a0023397_21563179.jpg

台北を2日目に案内してくれたRさんは4日目にお土産を持って空港まで見送りに来てくれたりして、ほんとに素敵な方でした。

同年代であり、日本の漫画やゲームに造詣が深く日本語も上手なのも親近感が湧きますね。

ありがとうございました。謝謝!


観光地では日本語がわからないところでも英語が通じるところがあり、英語の勉強が必要かなと思いました。


ともかく初海外で不安もありましたが、3人のチームワークもよく、台湾の方も親切で非常に楽しかったです。

台湾おススメ!!





[PR]

by ma2i | 2014-03-12 21:43 | 旅行 | Comments(0)

岡部ツアー

今日はマニアな お茶時間のかなざわゆうさんと岡部に行ってきました。

まずは玉露の里へ行きポートレイト撮影。
そのあと道すがらにある手作り家具工房bases(バース)に寄りました。
a0023397_22474122.jpg
a0023397_22474187.jpg
木のぬくもりがいいですね。

次に寄ったのが「釜炊きごはん工房 ゆとり庵」
柏屋の裏手にこんなお店があったとは知りませんでした。
a0023397_22521486.jpg
ここでは釜炊きごはんのおにぎりとおでんを買いました。
おにぎりは、食べ較べセット!!
塩だけのおにぎりなのになんておいしいんでしょう!!!
にこまる こしひかり きぬむすめ という3種類のお米の塩おにぎり。食べ較べることで違いが良くわかりました。個人的にはにこまるが好きです!
海苔も何もいらない。おむすびだけでこんなにおいしいなんて!!

a0023397_22550371.jpg

次に向かったのが「かど万」
お米屋さんなのですが、糀や味噌などを扱ってます。
そこで酒粕でない甘酒の元に出会い購入。
酒は飲むけど、酒粕の甘酒が苦手なので、こんなの探してました。
a0023397_22574870.jpg
短い時間だったけど、岡部を堪能してしまいまいた。
ゆうさんありがとう!!!




[PR]

by ma2i | 2013-12-05 23:02 | 旅行 | Comments(2)

伊豆4・韮山の反射炉

最後にやって来たのが韮山の反射炉。
a0023397_22371486.jpg


江戸時代末期に作った金属融解炉。大砲の砲身をつくるのに活躍したとか。
現存するのは世界でもここだけということで、世界文化遺産に推薦中ですね。
a0023397_2237308.jpg


お土産物屋さんではこんなものも売っていたり・・・。
「歴麺」「萌麺」大丈夫か世界文化遺産!
a0023397_22425369.jpg

a0023397_22435548.jpg


ほかにも地ビール工場があって「反射炉ビール」をお土産に。

朝7:30に家を出て、帰ってきたのが18:30。一日でこんなに楽しめる。伊豆はおもしろいところがいっぱい!!
[PR]

by ma2i | 2013-09-17 22:49 | 旅行 | Comments(0)

伊豆3・修善寺

観光地へ行ったら必ず神社やお寺に寄るという、神社お寺大好き。
というわけで修善寺へ。
地名にもなっているのでよく聞く名前だけど行ったことがなかったんですよね。
近くに車を止めててくてく歩きます。
看板がいい味出してます。
a0023397_2283636.jpg


着物レンタルしていてキャンペーンしてるとか。
a0023397_2291362.jpg


まずは腹ごしらえ。安兵衛にてズガニうどん1,050円なり。
どーん!
かにの風味がいい感じです。
a0023397_2292434.jpg


いい感じの商店街。しいたけ専門店。
a0023397_2214219.jpg


修善寺・・・の前に日枝神社というのがありました。
a0023397_22143472.jpg


子宝の杉。夫婦和合の杉ですね。真ん中に橋が架かっています。
a0023397_2216874.jpg


御朱印はこんな感じ。社務所があっておじさんが描いてくれました。
大山咋神(おほやまくひのかみ)が祭られているとのこと。
a0023397_2217930.jpg


いよいよ修善寺!
a0023397_22172954.jpg


手水で清めてびっくり。冷たいと思ったら温かかったです。温泉の手水って初めてです。
さすが温泉街。
a0023397_22183375.jpg


お参りして御朱印をいただきます。
807年に空海が開いたとされる由緒あるお寺です。
いまは曹洞宗(禅宗)のお寺ですが、昔は真言宗のお寺だったため、いまでも大日如来を祭ってあるそうです。
文字がハンコなのが残念・・・。
a0023397_2219080.jpg


お寺のあとは空海が開いたとされる「独鈷の湯」へ。現在は足湯となっています。
a0023397_22245750.jpg


結構熱めです。ゆったり。
a0023397_22255772.jpg


修善寺のマンホール。
a0023397_2226357.jpg


この路地がおもしろかったです。にゃんこ。
a0023397_22265127.jpg

a0023397_22274586.jpg


修善寺、歩きがいのあるまちですね~。
[PR]

by ma2i | 2013-09-17 22:31 | 旅行 | Comments(0)

伊豆2・「浄蓮の滝」と「東府やベーカリー&カフェ」

次は近くの「浄蓮の滝」へ。
a0023397_2144392.jpg


駐車場から少し階段を下って進むと、大きな瀑布がありました。
上の方は蒸し暑かったのですが、ひんやりしていて気持ちよかったなぁ。
a0023397_21445233.jpg


滝の下方には、わさび田の中にお店がいくつかありました。
a0023397_214779.jpg


本わさびアイスがめちゃウマでした。
少し柔らかめのアイスに、目の前でわさびをすりおろして乗っけてくれます。かなり多めです。
わさびの香りがいいですね。
a0023397_21473440.jpg


観光客も多くてにぎわってました。


次は少し戻って「東府やベーカリー&カフェ」
パンとコーヒーを補給。
足湯にもちょっと浸かりましたが、石が熱くて早々に断念。もう少し涼しくなってからかな。
パンはお土産に買って帰ったのですが、お・い・し・い!
カレーパン260円と高めですが、生地からしておいしかったです。
a0023397_21521751.jpg

[PR]

by ma2i | 2013-09-17 21:54 | 旅行 | Comments(0)