秋の臨済寺・特別公開

 年2回の臨済寺の特別公開へ行ってきました。
a0023397_20335228.jpg

 静岡市にある臨済寺は、駿河で権勢を誇った今川家によって建立された臨済宗のお寺です。
 歴代の今川家の人物が祀られているほか、今川家が滅んだあとは武田信玄に駿河のまちも侵攻され火をかけられたのですが、徳川家康によって再建され、庇護されてきました。
 幼少期に人質だった家康(松平竹千代)が過ごしたお寺としても有名です。
 ちなみに竹千代の松平家は、その当時は三河の国の弱小な一地方豪族で、織田家に対抗するために今川家に従属していました。
 その証として、嫡男だった竹千代を今川家にいわば人質として差し出していたわけですね。

 普段は修行寺として機能し、中に入ることはできませんが、毎年5/19と10/15に臨済寺は特別公開されています。
 5/19は「今川氏輝公・義元公 命日忌」の法要にともなう一般公開です。
 10/15は「摩利支天祈祷会」による公開となっています。
 摩利支天とはなんぞやということですが、仏教の守護神のひとりで護身、蓄財などの神として信仰されているそうです。
 
 
a0023397_20580824.jpg

 原語のマリシは太陽や月の光線を意味しているそうです。摩利支天は陽炎(かげろう)を神格化したものでイノシシに乗っています。
 もとはバラモン教、ヒンドゥー教のヴェーダ神話に登場する女神様のようですが、仏教と融合して守護神として採用されたとのこと。
 奥が深いですね。

 座禅堂で法要が行われます。般若心経のあと、三蔵法師がインドから中国へ持ち帰ったという大般若経が読まれました。
 その方法は「転読」と言って、600巻にも及ぶ経典は一度に読むことができないので、大声でお経を唱えながら、経典をアコーディオンのようにめくり、読んだことにする、という方法です。
 お坊さんがみんなで読む姿、ちょっとおもしろいですね。
a0023397_20341389.jpg

 開山した大休宗休像と太原雪斎像がある開山堂の天井が素敵。
a0023397_20342481.jpg

 書院造。
a0023397_20342499.jpg

 竹千代が過ごしたという部屋。4畳半。障子が素敵。
a0023397_20342455.jpg

 そして必見なのが茶室。こちらは大正時代に寄贈によって建てられたそうです。
 庭は天正年間(安土桃山時代)に築造され、国の名勝に指定されています。
 臨済寺はすぐうしろが賎機山で、その斜面に建立されたのがこちら。右側の長い階段を登って行きます。
a0023397_20342460.jpg


 茶室からは市内を一望できます。
a0023397_21143388.jpg


 方丈の広い縁側が素敵。
 ずっとゆっくりしていたいなぁ。
 今川じゃなくて徳川の紋なんですね。
 方丈は国の重要文化財とのこと。
a0023397_20342489.jpg


 年に2回しかいただけない御朱印もいただいてきました。
a0023397_20342580.jpg

 同じ仏教好きなHさんに付き合っていただきました。ありがとうございました。
 次回の公開は5/19です。
 お時間のある方はぜひ。
[PR]

by ma2i | 2015-10-15 21:28 | 仏教 | Comments(0)

「出張!かけ込み寺」@静岡駅前会議室

a0023397_20031321.jpg


 静岡駅前会議室で行われた「出張!かけ込み寺」へ行ってきました。
 昔は地域コミュニティーで重要な役割を担っていたお寺。
 しかしいまでは京都などの古刹の観光か、葬式や法事でしかなかなか行かなくなってしまったのではないでしょうか。

 そんなお寺を身近に感じてもらおうと、曹洞宗の若手が企画したイベント。
 開始時刻に行くと通りに法衣姿のお坊さんたちが出てきて呼び込みをしていて不思議な光景でした。
 しかも中に入ると、その若いお坊さんが20人くらいいて、仏教好きな友人もテンション上がっていました。
a0023397_20031464.jpg

 内容は、椅子座禅・法話・カフェの3つが柱でした。
 まず椅子座禅を体験。
 毛せんを敷き、文殊菩薩を置き、部屋を座禅堂へ仕立てています。お香の匂いもしました。雰囲気づくり大事。
 曹洞宗の座禅は壁に向かって行うのですね。
 教えていただいたように、手を組んで丹田の前に置き、姿勢を正して、腹式呼吸で。
 (このとき顔はまっすぐで、目は開けて、斜め45度下へ向けるように言われたのですが、座ったところが屏風の前で、目に入ってくる字などがうるさくて結局目はつむりました。)
 空調の音がうるさいなとか、いろいろ外界の音や、ちょっとお昼ご飯のラーメンでおなかいっぱいだなーとか、雑念が浮かびます。
 うーん、煩悩多い。
 それでも10分経つとなんとなく無心になったような・・・?
 常に何か刺激にさらされている現代で、無心になる時間というのはとっても重要ではないでしょうか。
a0023397_20061496.jpg

 次は法話です。
 30人くらいの部屋で、漢字1文字を書いた色紙が壁一面に吊ってあります。なにかと思ったら、276文字の般若心経の文字を書いてもらってあるそうです。なるほど。
 老師、といっても30代後半のお坊さんがもうすぐ来る「彼岸」をキーワードにお話をされました。
 ちょっと笑ってしまう小噺で場を和ませつつ、彼岸の由来から先祖の大切さがわかる内容でした。
 仏教の大切なもののひとつはやはりこういう説話をしながら、日々の生活で忘れてしまいがちな大切なことを思い出させてくれることだと思うので、もっとやってほしいなと思いました。
 前後に合掌して老師がお経を唱えたのですが、参加者がほぼ檀家さんなのでしょうか、年配の方はほぼお経を唱えられるみたいで、びっくりしました。

 3つ目はカフェ。お茶を飲みながらお坊さんとの対話です。
 ちょうど崇元さんに来ていただき、一緒に連れて行った仏教好きな友人とも話ができました。
 仏教は形を変えながらではあるけれど、2600年あまり続いてきたことには意味があると思います。
 心のスキマ埋めます的な悪い宗教などに騙されてしまう人もいるけれど、もう一度心の拠りどころとなる仏教になればいいなと思います。
 仏教はもともと宗教というより、自分の心を見つめていく哲学なのだと思います。
a0023397_20031347.jpg

 今回、お寺から出て、まちの中でこのようなイベントを開催したことはひとつの取っ掛かりとしておもしろいなと思いました。
 この先どうなるのか楽しみです。お寺から出てきてイベントをやり、お寺に来てもらうのが目的なのか、はたまた仏の教えを説くのが目的なのか、個人の救済なのか、社会をよくするためなのか、どうなるんだろう?

 それにしても、これだけのイベントを準備するのは相当大変だったのではないでしょうか。お疲れさまです。

 ※外の通りから見ていると、立ち止まる人はいるんだけど、怪しい宗教? 勧誘されるんじゃないか、とか思って中に入れない人は結構いたのではないかと思います(私は知ってたから入れたけど)。
 葬式くらいでしかお坊さんの法衣を見たことがない若い人には駅前の光景は異空間だったかもしれませんね。
 怪しい人ほどさりげなく近づいてくるのですが。その辺りは難しいところですね~。
 宗教アレルギーはあるけど免疫ない人多い気がします。

 ※あと、タイトルですが「かけ込み寺」だとなんとなく切羽詰った感じがするのですが、もう少し違った表現がいいのではないかと思います。


 ちなみに私と仏教のかかわりは、そんなにありませんでした。
 親の実家が田舎にあり、お墓があり、檀家になってる古いお寺があり、子どものころから法事やら年末やらで連れていかれ、法事では意味も分からないお経を唱え、退屈な時間。冬は寒くて嫌だ、と思っていました。
 お寺ではお経の意味やブッダの教えなどは聞いたことありませんでした(まあ聞けば教えてくれるのでしょうけど、いちいち解説してたら大変ですよね)。
 京都へ行けばお寺や神社を観光したりして日本いいな、と思いつつもそれ以上深入りはしませんでした。
 まあそれでも20代ともなると人生とは何ぞやと考えたりして、宗教入門みたいな本を読んだりして、30代になって「寺かふぇ」などお寺に関わることがあって、そもそもお寺とは何だと思い、仏教に関する本をいろいろ読んで、お経の意味などを知るようになりました。
 とはいえ専門家ではないので広く浅く、仏教の成り立ちから日本の仏教まで知って、その哲学に興味を惹かれたわけです。

[PR]

by ma2i | 2015-09-13 20:47 | 仏教 | Comments(0)