<   2005年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

しいたけ栽培

a0023397_21264143.jpg

 父の実家はしいたけ栽培がわりと盛んなところ。
 で、父が最近しいたけ栽培を始めるというので手伝わされた。

 山でならの木をチェーンソーで切り倒し、ドリルで穴を開けて菌を植える。
 説明するのは簡単だけどやるのは大変。生木は重い・・・。

 早ければ1年くらいで生えてくるらしい。
[PR]

by ma2i | 2005-02-27 21:26 | 日々 | Comments(0)

読書

元禄御畳奉行の日記 神坂次郎
 きらびやかな元禄文化の裏側を書いた「鸚鵡籠中記」を解説した本。
 江戸幕府が開かれてから100年余り経ち、世の中は平和になり武士は戦闘要員としての意味をなさなくなった時代。
 当時の藩士たちの死因で最も多かったのは酒毒と腎虚だったらしい。
 要するに酒の飲みすぎによる肝硬変と糖尿病。
 実際、この藩士もいまで言う肝硬変で死んだようだ。
 この時代は武士は公務員でありサラリーマン化していたようである。
 出張先に武士の魂である刀を置き忘れて処分されたりしていたようだ。
 しかも武士といっても刀で切りあったことなどなく、刀も飾りの意味が多かったようだ。

 ほかにも近松門左衛門の「曽根崎心中」という浄瑠璃がブームになると、京都・大阪で1年半だけでも900件あまりの心中事件が起きたりしている。

 とにかく内容は食い物と女と人が死ぬ話が多い。
 なんとなく現代に似ている。
 結局人間なんて昔とまったく変わってないじゃん。

日本人の死のかたち 波平恵美子
 日本人は「死」「遺体」「霊」をどのようにとらえてきたのか。
 かつてのような多様な死に方はなくなった現代。
 その中で変わらないものを描き出した書。

プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬 ハワード ブローディ
 偽薬を与えられても本当の薬を飲んだときのように回復してしまう場合がある。
 人間の神秘。

人はなぜ認められたいのか―アイデンティティ依存の社会学 石川 准

催眠術の日本近代 一柳広孝

働かないって、ワクワクしない?
 アーニー・J. ゼリンスキー
[PR]

by ma2i | 2005-02-26 03:27 | 読書 | Comments(0)

確定申告

 確定申告へ行ってきた。
 インターネットで入力したので提出はすぐに終わった。
[PR]

by ma2i | 2005-02-25 18:05 | 日々 | Comments(0)

花粉

 昨日あたりから花粉がたくさん飛んでいます・・・。
[PR]

by ma2i | 2005-02-23 23:45 | 日々 | Comments(0)

。・゚・(ノД`)・゚・。

"仮面ライダーになりたかった戦闘員"
http://pocketclub.hp.infoseek.co.jp/susumichi/dokuroid.htm
[PR]

by ma2i | 2005-02-15 10:50 | 日々 | Comments(0)

天使大学

 大学を検索していたら、ふと目にとまったのが「天使大学」。
 すごい名前。
 天使養成学校かと想像してしまうけど、内容は看護・栄養系の大学でした。
 大学院助産研究科というのもあり、かなり変わった学校です。
 名前だけでも入ってみたくなりますね~。

 天使大学
[PR]

by ma2i | 2005-02-15 02:31 | 日々 | Comments(0)

床屋な日

 白鵬が朝青龍破り優勝 大相撲トーナメント
 床屋へ行ったらちょうどこの決勝だったらしく、顔を剃ってもらってるときに5分ほど放置されてた私・・・。
 その適当さが面白いんだけど。
[PR]

by ma2i | 2005-02-14 02:33 | 日々 | Comments(0)

時事

白川勝彦Web 政治理念 忍び寄る警察国家の影
[PR]

by ma2i | 2005-02-11 01:41 | Comments(0)

経済論戦の読み方
 巷の経済論争をわかりやすくまとめ、構造改革では景気はよくならない、まず第一にデフレ脱却が必要だと説く書。
 経済学の基本を使って説明してあり、とても筋が通っている。

反社会学講座
 笑えるけどまじめ(?)な社会学。
 スタンダード 反社会学講座

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く
若者はなぜ「決められない」か
 すべてのリスクを個人で負わなければならない社会はツライ。
[PR]

by ma2i | 2005-02-11 01:26 | 読書 | Comments(0)

雨上がり

 雨上がりの夕方は綺麗だ 空気が澄んでいる
 ひんやりと でも春の気配を帯びた空気が肌にあたる
 晴れた日とは空気の屈折率が違う
 いつも見慣れたものが 別の表情を見せる
 こんな記憶をいつまでも保ちたい
[PR]

by ma2i | 2005-02-08 18:49 | 日々 | Comments(0)