年末の収穫

a0023397_1395586.jpg


a0023397_140650.jpg


a0023397_1401859.jpg


年末の収穫
[PR]

by ma2i | 2007-12-30 23:39 | 写真 | Comments(0)

年末の花

a0023397_1375085.jpg


a0023397_138710.jpg


a0023397_1382797.jpg


年末は恒例の本家の墓参りなど。
こんな季節だからこそきれいな花が印象的でした。
[PR]

by ma2i | 2007-12-30 01:37 | 写真 | Comments(0)

いぬー

いぬー
a0023397_1364696.jpg

[PR]

by ma2i | 2007-12-16 22:36 | 写真 | Comments(0)

超歌劇団 第29回公演「○○○殺人事件」

a0023397_1345746.jpg

12月9日(日)15:00 超歌劇団 第29回公演「○○○殺人事件」

毎回観客を巻き込みながら派手な仕掛けで魅せてくれる超歌劇団の芝居?を観てきました。


開演15分前、券を買って芝居小屋(寿町の倉庫)へ入ると、そこはなんと「カゲキーランド」なるテーマパークになっていました。
スタンプカードをもらい、6つのアトラクションを巡るようになっています。ひとりの役者さんがひとつ担当していて、「なんだろう?」と思っていましたが、これがこの先の芝居の伏線になっていたようななっていないような。

「相撲取り腕相撲」
 小結から横綱まで腕の強さが選べるようになっていて。

「刑事危機一髪」
 黒ひげ~の実物版。剣を3本刺すともれなく刑事役のうるけんさんが飛び出してくるという仕掛け。もうすでに汗だくになっていて芝居大丈夫かなと思い。

「寿寿司」
 トロと玉子が選べるようになっていて本当に寿司が出てきて驚きました。凍ってたけど!

「明治神宮」
 鳥居の鈴を鳴らすと巫女が出てきておみくじを引く。「貧乏神に憑かれている」がーん。お祓いしてもらいました。

「バーまどろみ」「ふれあい整体あつこ」
 時間がななったので体験しませんでした。

テーマパークというより縁日的雰囲気ですね。
日曜の昼ということもあってか子供も楽しんでいました。


時間になると横の特設劇場に移動して芝居が始まりました。
最初に観客が選ばれ、人が描かれたルーレットにダーツを投げるのですが当たらず、変な棒(これが後々・・・)で的を刺します。

次に観客が題名の○○○のテーマを決めるのですが、いくつか候補があり「盗撮銀行員殺人事件」「収賄弁護士殺人事件」「麻薬アイドル殺人事件」などなど。
「収賄弁護士殺人事件」を選んで欲しかったようですが、結局「盗撮銀行員殺人事件」になり、「困った困った」となんだか楽屋の方が騒がしくなっていました(これも演出でしょう)。

そのあと芝居が始まりました。
登場人物が先ほどアトラクションに出てきた相撲取りや寿司職人、巫女などで、「あー、なるほどこういう仕掛けだったのか」と感心しました。

ストーリーは、嵐により交通が分断されたペンションで弁護士が殺されその中にいただれかが犯人だということになるのですが、刑事以外に全員に動機があり実は全員が別々に犯行に及んでいたということがわかったけれど、さらに実は弁護士が死んでないことがわかったときに相撲取りが殺され、犯人はだれだということになる。そこで最初のダーツと変な棒が出てきて、「あー!」ということになり観客の逃避行が始まりなぜか崖の上に追い詰められ飛び降りる。「盗撮銀行員はどこだ!」ということだけど、刑事は夕陽を見ながら「犯人は心の中に」と言って終わる。・・・と思いきや刑事が突然謀殺されその上司が実は犯人だったというおきて破りで、やっぱり実は生きていた観客と愛の逃避行!
・・・というなんじゃこりゃーな内容です。

芝居は役者が観客席まで入ってきて観客を巻き込みながら楽しく進みました。
すばらしいバカっぷりに感動です。


どちらかというと高校の文化祭的なノリと、テーマパークのアトラクション的なエンターテインメント性があっておもしろかったです。
毎回ぶっ飛んだ発想と仕掛けで魅せてくれる劇団です。
次回30回記念公演は駿府公園を予定しているそうです。わくわく。
[PR]

by ma2i | 2007-12-16 22:33 | 観劇 | Comments(0)

映画「クワイエットルームにようこそ」

松尾スズキの小説が原作で、映画監督・脚本も務めた作品・・・らしい。
1週間以内にテレビで予告編を見た気がする。心にひっかかったので、日曜日の朝思い立って観に行きました。

ふざけた部分もあったけど内容はとても真面目でした。
いろいろ捨てないと前に進めないのかも。

大竹しのぶが怖かった。
[PR]

by ma2i | 2007-12-10 23:31 | 映画 | Comments(0)

無線楽団の テルミン ライブ@カプー

a0023397_1303180.jpg

12月8日(土)は素敵なカフェ・カプーでライブが行われました。

TokiOtoAkariLive FINAL JAM 2007 と題され、いままでカプーでライブを行ったアーティスト5組が総登場するという豪華なものでした。
その中で前からぜひ聴きたかった無線楽団のテルミンの様子です。

ソ連のテルミンという物理学者が1919年に発明した世界初の電子楽器です。
電子楽器というとデジタルなイメージがありますが、すごーくアナログな楽器です。
前にテレビでドキュメンタリーかなにかをやっていて興味を持ちました。
(物理学とか科学とか出てくるとワクワクする)

今回のライブでは小型のマトリョミンが使われました。
演奏する時の指の動きが独特でおもしろいですね。

途中、話題の大人の科学付録のテルミンが登場。
そのままでは音が安定しないので改造したそうです。

無線楽団の左がアキラさん、右がユカさん。
トークもとても楽しかったです。

PAはいつものしのさん。
そのほかスタッフの方、楽しい時間をありがとうございました。


*cafe CAPU*
http://www.cafecapu.com/

テルミン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%B3
[PR]

by ma2i | 2007-12-09 19:35 | 音楽 | Comments(0)

ストフェスの打ち上げ

土曜夜は2週間前に行われ大盛況だったストリートフェスティバル・イン・静岡の打ち上げでした。
普段話したことのない人、普段からちょっと気になっていた人と話すことができてとても楽しかったです。
改善点も見つかったので、やはり人の反応は大切です。

「ストフェス サイコー!」を撮っておいて良かった。
[PR]

by ma2i | 2007-12-09 01:31 | 日々 | Comments(0)

漫画「リストランテ・パラディーゾ」 オノ・ナツメ

ローマ市街にあるリストランテの従業員は紳士ばかり。しかも眼鏡の。
ヒロイン・ニコレッタと彼らの恋やら交流を描いたとても素敵な作品。

世間ではメイドやらが流行ってるけど、紳士さんもいかが?
[PR]

by ma2i | 2007-12-06 01:32 | 読書 | Comments(0)

「梶間探偵事務所不思議譚Ⅱ」劇団[si:d]@マビック

12月2日(日) 14:00

前回SEEDを見たのが「梶間探偵事務所パート1」でした。
それからなかなか観る機会がなく、3年ほどたってしまいました。

とても真面目にやってる人たちだなと思いました。

舞台はカジマ探偵事務所。
いっせいに5人の依頼人がやってくる。
そして口々に「シオン」を探してくれと言う。
探偵がシオンの特徴を尋ねるが、5人それぞれが別々のイメージを語りだすからまったく人物像が絞れない。
ある人は「シオンは魔法使いだ」という。
またある人は「シオンは命の恩人だ」という。
またある人は「シオンは悪魔だ。殺してやる」という。

困ったカジマ探偵はそれぞれの依頼人とシオンが出会ったときの様子を、カジマ=シオンになりきって再演する。
おそらくカジマは人の底に眠る本人も忘れてるかすかな記憶を読み取るような超能力を持っていて(京極夏彦の小説に出てくる榎木津礼二郎みたいな奴)、それを再現することによってシオンの人物像を組み立てていきました。

5人分まるまるあったのでちょっと長かったけど、そこにいない人物を芝居で作り上げるのは鮮やかだなと思いました。この前の午後の自転でもそこにいない「詩人」を見事に語っていましたね。

で、そのなかでこの世界が第3次世界大戦後であり、戦争によって別れや引き裂かれた物語であることがちょっとわかって重かった。
シオンは結局見つからなかったけど(え、最後に出て・・・)、希望のある終わり方だったかな。
猫が意外に活躍。

梶間俊平役の人が、情けなくも時にはカッコいいけど頼りないような探偵をよく演じていたと思いました。
売れない探偵事務所のごちゃごちゃした感じのセットもよかった。戦争後にしては物がたくさんあったような気もしたけれど。
あとは、真っ暗闇の中で声だけのシーンもおもしろかったです。

場面転換がなくすべて事務所のなかで、観客の想像力を喚起しながら話を進めていくのは良いですね。



あ、また芝居に参加してきましたよ。
登場人物が魔法(実はマジック)を使うのですが、そのお手伝いに。
魔法をかけると52枚のカードがすべてダイヤの3に変わるのは鮮やかでしたが、テーブルマジックだったのでほかの観客には見えなかったのではないでしょうか。もう少し観客の方を向いてやって欲しいと思いました。
あーあと無理やり笑わせようとしなくてもいいのではないかと思うところもあくつかあったけど思い出せません。
[PR]

by ma2i | 2007-12-03 19:34 | 観劇 | Comments(0)

日本茶インストラクター試験 結果

仕事から帰ってきたら日本茶インストラクター協会から「重要書類」と書かれた封筒が!

「合格」でした。仕事の疲れがとれました。
あとからやっぱり間違いですと言われないかドキドキですが、今日は枕元において寝ます。

一緒に勉強したみな様のおかげです。
ありがとうございました。

・・・まだ2次試験があるんだけどね!
[PR]

by ma2i | 2007-12-01 22:33 | お茶 | Comments(0)