のっぽさん

a0023397_20131131.jpg

買って来ました。
さっそく近所のカフェで食べました。今日のはちょっと硬めかな。でもやっぱりのっぽの味だなー。牛乳飲みたい。

売り場には社長さんもいらっしゃって、心配そうに見守っていました。
ここがうまくいけば2号店3号店も出すっておっしゃってましたよ。
社長の携帯電話にはやっぱりのっぽパンのストラップが付いてましたね。
[PR]

by ma2i | 2008-04-26 20:12 | 食べ物 | Comments(0)

週末はのっぽパン

a0023397_20105413.jpg

いよいよ今週末26日(土)にのっぽパンが復活します。
9:30にパルシェ食彩館へ集合だ!

昔買ったのっぽパンTシャツを発掘わーい(嬉しい顔)


のっぽパン大好き!「のっぽワールド」○のっぽパンが帰ってくる!のっぽ復活プロジェクト現在進行中!
http://www.geocities.jp/noppo_world/info20080329.html
[PR]

by ma2i | 2008-04-24 20:18 | 食べ物 | Comments(0)

初夏だ! 茶摘みだ!! 全員集合!!!

私の所属するお茶を楽しむサークル「しずおか日本茶アドワンクラブ」では、2006年11月より放置茶園を借り受け「茶園再生管理プロジェクト」を実施してます。

その茶園で5/4(日)に茶摘みをします。参加者には、再生管理茶園で摘んだお茶からつくった新茶をお届けいたします。


・日 時: 2008年5月4日(日) 雨天中止
・集合場所: 藤枝市藤枝生涯学習センター
・茶摘場所: 藤枝生涯学習センター東に位置する山の上の茶園
・募集人員:30名 申し込み先着順
・日焼け対策必須!

・当日のスケジュール
8:30 受付後茶園へ
8:50 茶摘みの説明
9:00 茶摘み開始
11:00 生涯学習センターにて昼食
11:50 解散

・参加費: お一人1,000円 (当日受付にて徴収)
・昼食:当クラブにて用意
・参加者には、後日仕上茶(50g)をお届け

詳しくはここ。
しずおか日本茶アドワンクラブ
http://www.adone.greenteajp.com/
http://www.adone.greenteajp.com/docs/boshu.pdf


昨年の様子です。

初摘み 手摘み
http://www.adone.greenteajp.com/news.php?newsNr=40

初摘み茶 製茶工場へ
http://www.adone.greenteajp.com/news.php?newsNr=42

初摘み茶 袋詰め
http://www.adone.greenteajp.com/news.php?newsNr=43
[PR]

by ma2i | 2008-04-22 20:09 | お茶 | Comments(0)

カレーハウス JIB(ジブ) 静岡シーサイド店

先日、ゴンチャロフさんに教えてもらった「カレーハウス JIB(ジブ) 静岡シーサイド店」へ行ってきました。
結論から言うと、またお気に入りのお店が増えてしまいました(*^_^*)

お昼は3種類のカレーランチメニュー。997円(うろ覚え)でサラダ、ドリンク付き。
サラダが生野菜だけでなくバナナやオレンジ系、メロン系のフルーツまで乗ってて豪華。
カレーは千代田にあるインドと同じ系統の味に思いました。とてもおいしくいただきました。インドとちがうのはおしゃれな店内。白が基調の洋風のインテリアでたくさんのお花が飾ってあったり、白いピアノが置いてあったりする。ときどき音楽会もあるみたいです。

さらに+300円で頼んだデザートが予想外でした。黒ゴマプリンを頼んだのですが、お皿にアイスやゼリーが乗っていてそこに黒ゴマプリンのカップが乗っていてこれまた豪華だなと思いました。
通常のメニューは1000円~2500円とかなり高めですが、種類多いのでまた行ってみようという気になります。

駐車場が6台くらいなのがちょっと狭いかな。


次は「カレー食堂 象」に行きたいぞ。
あ、伊勢丹に来てた「黒カレー」は好みじゃなかったです・・・。
[PR]

by ma2i | 2008-04-14 20:08 | 食べ物 | Comments(0)

掛川市の小泊さんの運営するお茶サロン「チャ茶」へ

土曜日は掛川市の小泊さんの運営するお茶サロン「チャ茶」へ行きました。
小泊さんは静岡県茶業試験場長を務めた後、お茶の博物館館長を6年ほど務めた方です。
時々静岡新聞のコラムに厳しいことを書かれますが、ご本人はいたって気さくな方で自然と周りに人が集まってきます。

「チャ茶」では日本各地の緑茶から、中国茶、台湾茶まで試飲できます。もちろん気にいったら買えます。


小泊さんのブログで紹介されていたお茶が気になったのでいくつか試飲させていただきました。

「みどりご」
台湾茶ではミルクのような香りで有名な「金宣」。それを緑茶風につくったお茶だそうで。どちらかというと「包種茶」のような感じでした。台湾茶でも発酵度合いの強い烏龍茶だけではなく、発酵度合いの弱く、日本の緑茶に近い「包種茶」という分類があるのですが、うーん、これだったらいつも飲んでる緑茶飲むかなと。香りはおもしろいんだけど。


沖縄新茶「印雑131」
早くも沖縄で収穫されてできた新茶です。明治初期に多田元吉がインドから持ち帰ったアッサム種が元になっている品種だそうです。もともと緑茶用ではないこともあってか番茶のような大雑把な味でした。本来はもっと香りがするそうですが、今年は出来が良くなかったらしいと小泊さんがおっしゃってました。

お茶飲んでお話を聞いていただけなのに1時間半ほど滞在していました。
ここに来るとほんと時間の経つのを忘れてしまいます。


国産発酵緑茶「吉福茶」
浙江省 緑茶「安吉白茶」
釜炒り新茶 「するがわせ」
↑買って帰ったもの


りるさんによる紹介サイト
O-CHA処チャ茶応援ブログ☆Cya-o!:チャ茶ってなに?どこ?
http://cyacya.hamazo.tv/c517982.html
[PR]

by ma2i | 2008-04-13 20:06 | お茶 | Comments(0)

「春なのに・・・2008」@伽藍博物堂実験室

「春なのに・・・」は毎年楽しみにしている公演です。
今年は東部の演劇集団「ヤムチャラ」を迎えての公演でした。毎回ちがう劇団が見られるのでおもしろいです。

「電話 DE オムニバス」 演劇ユニット「ヤムチャラ」

 シーン1 携帯がない!
 シーン2 メールのやり取り
 シーン3 無言電話

 「電話」を題材にした3本立て。
 最初のふたつは携帯電話を使った現代的なコミュニケーションの隙間をうまく描いた作品でした。
 「無言電話」はちょっと切ない話でしたね。
 「毎日かかってくるいたずらの無言電話。ストーカー? なにかの恨み? 嫌気がさして対策を考えた・・・。向こうがしゃべらないならこちらがしゃべって電話代を増やしてやればそのうち相手も諦めるだろう・・・。主人公の男はとにかく毎日しゃべるネタを考えて、時にはラジオのDJ風に時には季節のことを時には身の回りにことをしゃべり続けた。しかし無言電話はなくならなかった。
 それもそのはず、相手は嫌がらせをしたかったわけではなく、主人公の声が聞きたかったから・・・。」
 途中、芝居ではなくて素が出ていたようなところもありましたが、とても素敵な話でした。


「待ちぼうけ」 どどんぱ
 今回はいままでとはちょっと違って、子供に絵本を読むような感じのメルヘンチックな演出でしたね。
 滝浪さんと秋山さんはすごく息が合ってたし観客巻き込み進行もよい具合だったと思います(ヘンにやりすぎて内輪ウケで終わる劇団もあるので)。
 どどんぱの公演はほんと、ホッとしますね。
 あとは水曜日の公演もあるのでこの辺で。

 4/16(水)20:00開演 「むっちゃホリデー」劇団渡辺 + 「待ちぼうけ」どどんぱ
[PR]

by ma2i | 2008-04-13 20:05 | 観劇 | Comments(0)

静岡市 栃沢 茶会

a0023397_2015067.jpg

静岡の藁科川の上流、栃沢(とちざわ)で行われた奥藁科大川桜茶会「山香一服」へ行きました。
静岡へお茶をもたらしたという「聖一国師(しょういちこくし)」((1202- 1280・鎌倉時代中期)臨済宗・東福寺開山。)の生まれた場所としても有名なところです。


栃沢を含む大川地区は近年急激に人口が減り高齢化も進んでいるそうです。そんな地区を活性化させようと地域の住民や大学生、有志の方々がイベントを計画しました。


栃沢では、手作りの茶室やその縁側(?)、お寺の中や、鎮守の社の前で、まさにそのお茶をつくっている農家の方々が煎茶を振舞ってくれました。数年前にこのイベントを始めるまで自分たちは番茶しか飲んだことがなかった、などとても楽しい話が聞けました。しかし話しながらお茶淹れるのって難しいですよね。かなり練習したのではないでしょうか。



標高は400メートル。静岡市街から車で1時間ほど。
しだれ桜の綺麗なところでした。

個人的には思いがけない友人との再開などもあってとても有意義な時間を過ごすことができました。
[PR]

by ma2i | 2008-04-06 20:01 | お茶 | Comments(0)