我が家の伝統

a0023397_1222465.jpg

大晦日はすき焼き。ぐつぐつ。
[PR]

by ma2i | 2008-12-31 21:21 | 日々 | Comments(0)

新年に向けて

a0023397_1221999.jpg

もちを切りました。
もちは大好物なのでわくわく。
[PR]

by ma2i | 2008-12-31 19:19 | 日々 | Comments(0)

今年おもしろかった漫画

個人的ツボ作品。
蟲師(10巻で終了。悲しい・・・)

鈴木先生(学校世界がすごくリアル)

へうげもの(戦国時代、織田信長、豊臣秀吉に仕えた古田織部を主人公として描いた作品。戦国時代というと武道を描いた作品が多いけど、これは茶道や美術的観点から時代を描いていておもしろいです。織部焼を考案した人。)

悪魔とラブソング(学校物)

よつばと(ほのぼの)

アオバ自転車店(自転車をテーマにしたほのぼの作品)
[PR]

by ma2i | 2008-12-31 19:18 | 日々 | Comments(0)

コレクター

午前中は家の窓掃除。

午後はようやく美容院へ。いつも切ってくれるSさんも今日は忙しそう。かなり掛け持ちしてバタバタしてました。帽子コレクターのSさん今日はグレーの三角なニット帽子を被っていました。誕生日にメーテルの被ってるような帽子をもらってちょっと困ってるとか。
「~コレクター」って公言してるといろいろいただいて楽しいですね。私もお茶をよくもらいますし。
切り終わってすっきり。

そのあと部屋で適当にセッティングしてセルフポートレイトを撮影。名刺に使いたいので。
ひとりで撮るのは面倒だ・・・。

夜は「犬神家の一族」を堪能。何度観てもこえーよ。
[PR]

by ma2i | 2008-12-28 22:14 | 日々 | Comments(0)

ポートレイト・イン・ジャズ ビル・エヴァンス

ピアノの音が好きでいろいろ聴いているけれど最近はジャズが多いです。
リズムが心地好いんですね。
これはビル・エヴァンスがリバーサイドレーベルにいた1959年12月28日の録音で、ほかにベースのスコット・ラファロとドラムスのポール・モチアンのトリオです。
天才と言われたラファロは1961年に25歳の若さで交通事故で亡くなってしまうので彼の参加した数少ないアルバムです。

内省的とも叙情的ともいわれるビル・エヴァンスは、落ち着きたい日曜の昼間とか、平日の夜に聴きたいCDですね。

ポートレイト・イン・ジャズ+1: ビル・エヴァンス, スコット・ラファロ, ポール・モチアン
http://www.amazon.co.jp/dp/B000SLI7NI
[PR]

by ma2i | 2008-12-28 22:13 | 音楽 | Comments(0)

芝居「舞姫」劇団渡辺

あれ、寿町倉庫ってこんなに広かったっけ?

2人の男女が会食しながら「舞姫」の朗読をするんだけど、食事を運んでくるボーイの食器の置き方などからして妙に笑いを誘っておかしくて。
朗読にオーバーラップするように横で物語の主人公豊太郎とエリスが登場して物語が進行してゆきました。

原作が文語的表現の文章でときどき意味がわからないところがあったのは私の読解力のせいでしょうか。

劇団渡辺のカラーがようやくわかってきた気がしました。
[PR]

by ma2i | 2008-12-23 22:12 | 観劇 | Comments(0)

季節物

a0023397_22114529.jpg

[PR]

by ma2i | 2008-12-23 22:10 | 日々 | Comments(0)

空振りすることはある

早起きして美容院へ行こうと思ったらお休みでした・・・。
自作証明写真を撮ろうと思って部屋にカメラまでセットしたんだけどなぁ。

しかたないので部屋の片付け。
[PR]

by ma2i | 2008-12-21 22:09 | 日々 | Comments(0)

芝居「8th」演劇ユニット白ぱん

行方不明の天才機械工学者。
残された娘の元に現れる不思議な少女は最先端の機械少女。
それを追う黒い影。
0と1の揺らぎのあいだに心は存在するのか。

今回の公演はサイバーチックな内容でした。
映像作品的な魅せ方で、ひたすらカッコいいなぁと思いました。
「∞」が時折背景に浮かび上がってきたりそれが「8」にも見えたり。
セリフがオーバーラップして行くところとか。

いろいろ詰め込んであったけど見事に融和していたと思いました。
心を持っているように振舞うエルダが個人的には好き。
ラストなんで自決なんでしょうね。ああいうサイバーものにはなぜかああいうラストが多いような・・・。
やっぱり心を持つことに耐えられないんでしょうか。
[PR]

by ma2i | 2008-12-20 22:12 | 観劇 | Comments(0)

「花夢」日吉真澄

結局CDを読み込まなくなってしまったコンポを修理に出して今日帰ってきました。
修理代いちまんごせんえんなり(>_<)
酷使してるわけでもないのに買ってから3年くらいで壊れるとは、DENONめ、次はもうないぞ!

パソコンの音声出力もコンポにしていたのでまったく音楽が聴けない2週間。
辛かった~。
で早速聴いたのはその間に買ってきた、日吉真澄さんというピアニストの「花夢」というアルバム。
春をイメージした繊細でメロディアスな曲たちです。
ファーストアルバムの「Dear」もとても素晴らしく、眠れぬ夜などにかけています。

Rainy Forest(日吉真澄HP)
http://www.ne.jp/asahi/cafe/rainyforest/top.htm

花夢(試聴あり)
http://www.ne.jp/asahi/cafe/rainyforest/AlbumInformation/hanayume00.htm

ちなみに日吉真澄さんは静岡出身で、いまは主に東京で活動されています。
静岡市でもコンサートやってほしいです。
[PR]

by ma2i | 2008-12-11 00:11 | 日々 | Comments(0)