梅酒を仕込みました!

 毎年恒例の梅酒作り!
 今年はいつものホワイトリカーに加えて、ラム酒で漬けてみました。
 おいしくな~れ。
a0023397_21004588.jpg

[PR]

by ma2i | 2016-05-31 21:02 | お酒 | Comments(0)

森町の銘菓・梅衣を食べ較べてみる①

 森町のお菓子といえば梅衣(うめごろも)があります。
 こしあんを牛皮で包み、砂糖煮にした塩漬けの青じその葉で巻いたものです。
 紫蘇の香りと、梅酢の酸味と、こしあんの甘味が何とも言えないハーモニーを醸し出しています。
 森町の数件の和菓子屋さんがつくっているので、食べ較べてみることにしました。

 今回は月花園(大鳥居)と栄正堂を買ってみました。
 両方とも1個135円(税込)でした。
 左が月花園、右が栄正堂です。色の違いがあります。

a0023397_22563683.jpg

 まずは月花園。
 あんこの甘味が先に立ち、梅酢の甘酸っぱさがあとから来る感じ。
a0023397_22563620.jpg

 次に栄正堂。
 あんこの甘さは控えめで、紫蘇の香りが立ちます。葉っぱがパリッとしています。
 ちなみに梅衣の登録商標はこちらの栄正堂が持っているようです。
 パンフレットによると、明治時代に、森町の栄樹園の加藤むめという女将が考案したもので、直弟子だった足立甚平が製法を引きつぎ、大正6年に独立し栄正堂を開いたということです。
a0023397_22563686.jpg
 今回食べ較べたのは2つだけですが、同じお菓子でもこれだけ違いがあるので、次回以降、ほかの梅衣も食べてみたいと思いました。
 どちらもそれなりの甘さはあるので、お茶が必須かなと思います。
 なお、味覚は個人差や好き嫌いがあるので、どちらがおいしいというのはわかりませんので、ぜひ森町を訪れて食べ較べてみてくださいね。
 ちなみに子どものころは梅衣が嫌いでしたがいまでは大好きなお菓子に。やっぱり大人の味ですね。

 大鳥居月花園 (おおとりいげっかえん) - 戸綿/和菓子 [食べログ]
 栄正堂菓子舗[周智郡森町]|アットエス
[PR]

by ma2i | 2016-05-29 20:53 | 食べ物 | Comments(0)

神ワザな紙ワザ 曲芸紙・Georgeさん

 ふと静岡市のまちなかを歩いていると、小梳神社で小さな市が開かれていました。 
a0023397_23442593.jpg

 なにげなく見ていると、先週、清水駅前銀座で見かけた紙工作の方がいました。
 その時はあまり気に留めていなかったのですが、あいさつしてよく見てみると・・・その超絶技巧にシビレました!
a0023397_23433970.jpg
a0023397_23434005.jpg
a0023397_23434071.jpg
 あらゆる動植物や菌類、魚類などが小さな瓶の中に紙工作で再現されているのです!
 いまは東海大学の学生さんなのだそうですが、3歳のころから生き物と紙工作に興味があって、作り続けているんだとか。
 切り絵のように1枚の紙で表現した骨格標本や、かわいいウーパールーパーなどなど。
 一番手がかかったのは桜なんだとか。実物を解剖までして作ったそうです。
 この緻密さは実際に見ないとわからないかもしれません。
a0023397_23434062.jpg
 また、彼の動植物に対する知識が半端ない! ちょっと見るつもりが30分くらい経ってしまいました。
 そして私もつい1つ買ってしまいました。
 パープル・ストライプド・ジェリーというクラゲ(1,000円)。
 なんだかクラゲが漂ってる感じがうまく再現されていると思いません?
a0023397_23433151.jpg

曲芸紙:Georgeさんに出会えるのは、毎月第3日曜日の清水駅前銀座の「銀ぶらマルシェ」と第4日曜日の小梳神社の「手作り市」で出会えます。


[PR]

by ma2i | 2016-05-22 23:59 | アート・クラフト | Comments(0)

【手術】粉瘤(アテローム)

 生まれて初めて手術を受けました。
 5年くらい前から首の後ろにボッチができて、なんだろうなと思っていました。
 2年くらい前に急に大きくなり、痛みが出たので皮膚科に行くと、粉瘤(ふんりゅう)(アテローム)と診断されました。
 粉瘤(アテローム)とは、良性の表皮嚢腫で、皮膚の下に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状のスペースができ、そこに角質やら皮脂などが溜まってしまい、時に炎症を起こすものです。大きい人はこぶし大くらいになる人もいるのだとか。
 原因は不明だそうで、頻繁になる人もいるようです。
a0023397_17101509.gif


 基本的には自然に治らないので、老廃物と一緒に嚢胞を取り除く必要があります。
 ただし、炎症を起こしていると手術ができないとのことだったので、その時は湿布などの消炎剤をもらいました。
 首の後ろがチクチク痛いと結構気になって仕事に集中できない時もあり。
 結局2週間くらい痛かったかな?
 で、その時は痛みが引くと同時にボッチも小さくなり気にならなくなりました。

 ところが今年の1月くらいにまた少し痛み、大きくなってきたので皮膚科へ行き、整形外科で取り除いてもらうことにしました。
 紹介状をいただき、整形外科へ行ったのですが、手術の予定が最短でも5月! と言われ結構驚きました。
 すぐにやってもらえると思ったのですが・・・。
 まあ、緊急を要するものではなかったので、予約をして帰りました。

 そして5月になり手術を決行しました。
 人生初手術だったのでちょっと緊張しましたが、10分くらいで終わりました。
 ベッドに仰向けに寝て、患部を露出します。
 「ちょっと痛いですよ」と言われ麻酔。このまま起きなかったらどうしよう、と思いましたが部分麻酔なのでそんなこともなく。
 患部の周りに5~6回針が刺さりました。ちょっとチクッとします。

 それで特に始めるよとも言われず、手術開始。
 まったく痛みがないので一安心。
 感覚がないけど皮膚が引っ張られているらしい感じ。
 電気メスなのか、首の後ろでジュワジュワいってました。
 なんだか苦戦してるみたい・・・。
 大丈夫かと不安になりましたがしばらくすると、メスの音も止み、縫合している様子。
 そのときようやく「もう少しですよ」と声をかけていただき、安心しました。

 出てきたものを見てびっくり。
 直径1センチくらいの白いカタマリが!
(個人的な予想では5ミリくらいの小さいものだった)
 医師も、思ったより大きかったので苦戦したと言っていました。やっぱり!

 というわけで、なんかボッチがあるな、大きくなってきたなという人は炎症を起こす前に早めに皮膚科へ行ってくださいね。
 翌日消毒、1週間後に様子見、10日後に抜糸予定です。
 かかった費用は8,480円+抗生物質と痛み止め640円、計9,120円でした。

 詳しくはこちら。
 アテローム(粉瘤) - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)
[PR]

by ma2i | 2016-05-20 21:33 | ヘルスケア | Comments(2)

世界でひとつだけのコーヒー

 収穫からコーヒー作り体験②
 2週間前、収穫から種を出して洗浄までを行いました。
 今日までの間に天日干しをして、十分乾燥させました。
a0023397_18214882.jpg

 そして前日の夜に殻むきをしたのですが、ここが難関でした。
 すぐに終わるだろうと思って始めましたが・・・剥いても剥いても終わらない・・・。
a0023397_18214859.jpg

 結局、録画してあったドラマを4本も見てしまいました(つまり4時間)。
 結構殻が硬くて、ずっと剥き続けて指は痛くなるし。最後にはペンチで殻割りました。
 夏休みの宿題を8月31日にやっている気分になりました。
 282粒のコーヒー豆よ!
a0023397_18214895.jpg

 当日は西川農園の方が準備をしてくださり、指導をしてもらって豆を炒り、挽いて、ケーキを食べながら出来たてのコーヒーをいただきました。
 炒るのも、カセットコンロにお手製のカゴで簡単に。
a0023397_18214824.jpg

 5~10分くらい、豆をカゴの中でうまく撹拌させてムラのないように強火で炒ります。
 最初に1ハゼの音がパチパチして、そのあとまた少し小さく2ハゼの音がパチパチしたら終了です。
 このころになるといい香りがします。
 つやつやのいい色ですね。この辺りの加減は難しくて、浅炒り~深炒りで味が変わってきます。
a0023397_18214870.jpg

 その場でミルで挽いてドリップ。
 挽きたてのコーヒーはすごくいい香り!
 文章では伝えられないのがもどかしいです。
a0023397_18214812.jpg

 おいしいジャボチカバのケーキと一緒にいただきました。
 私のコーヒーは中炒りくらいで苦味もなくちょうど好みの味に仕上がりました。
 友人のコーヒーは少し深炒り。苦味があって、朝飲むのに良さそうなコーヒーに仕上がりました。
 同じ木から採っても、ほんの少しの違いで風味や味が変わるのですね!
 とっても貴重な体験でした。
 Kさん、西川農園さんありがとうございました!
a0023397_18214880.jpg

 コーヒーの実から飲めるまで。
a0023397_18354097.jpg

 


[PR]

by ma2i | 2016-05-15 18:37 | 体験 | Comments(2)

キリンの生茶を飲み比べ

 生茶が新しくなったというので飲み比べてみました。
 どちらもマーケットで100円前後で売っていました。
 常温でしばらく部屋に置いておいたもので飲み比べました。
a0023397_23245680.jpg

 最初、新・生茶はやけに色が薄いし味もないなと思ったら、かなりの成分が沈殿していました。知らないでそのまま飲んでしまう人いるんじゃないかな。
a0023397_23245622.jpg

 もう一度両方をよく振ってみると・・・。
 新・生茶はかなり濁った色になりました(左:旧・生茶、右:新・生茶)。
 綾鷹を意識してる?
a0023397_23245659.jpg
 飲み比べてみると・・・。
 旧・生茶は、生茶葉抽出物のせいか妙な甘さがあります。これは旧来から言われているものです。またあと味にかすかな渋味も。
 新・生茶は・・・まず感じたのが粉っぽい。そして薄い。えー、まったく別物です。

 謳い文句はこうです。
 旧・生茶
「茶葉のチカラ、生茶
 茶葉のあまみと香りにこだわり、かぶせ茶をブレンドした厳選茶葉を使用。
 さらに”ひとてま”かけたかぶせ粉末茶も加え、低めの温度で丁寧に淹れました。
 雑味のない茶葉のあまみをお楽しみください。」

 新・生茶
「今までより細かくした茶葉を低温抽出し、
 さらにかぶせ茶をまるごと挽いた
 微粉砕茶葉と、まる絞りした
 生茶葉のうまみを入れることで、
 茶葉のいいところをひきだしました。」

 ちなみに原材料はどちらも、
 「緑茶(国産)、生茶葉抽出物(国産)、ビタミンC」
 昔は香料入れたてみたいだけど今はないです。

 容量が違っていました。
 旧・生茶 500ml
 新・生茶 525ml

「キリン 生茶」の「生茶葉抽出物」って何ですか?|Q&A|WEB品質保証室|安全・安心への取り組み|キリン
 https://safety.kirin.co.jp/faq/?mode=show&seq=24
 A.「生の茶葉」から抽出した、旨味成分たっぷりのエキスのことです。
 ちなみに生茶葉抽出物ってなんだかよくわからないが、公式Q&Aを読んでもよくわからない。そのあたりは企業秘密でしょうか。

 というわけで、リニューアルしておいしくなったかは人それぞれですが、まったく別のものになった気がします。

 ついでに綾鷹と比べてみました。
 左:綾鷹 右:新・生茶
a0023397_09314684.jpg


 綾鷹のにごりの成分は「抹茶」のようですね。粉っぽさは感じませんでした。
 抹茶は10~20ミクロン、粉末茶は40~80ミクロンといわれているのでその違いでしょうね。
 お茶っぽい火入れの香りや渋味も綾鷹の方があります(あくまでも比べてですが)。
a0023397_09314629.jpg
 ペットボトルのお茶も飲み比べるとおもしろいですね!


[PR]

by ma2i | 2016-05-13 20:05 | お茶 | Comments(0)

収穫からコーヒー作り体験①

 友人のKさんがフェイスブックで紹介していたので行ってきました。
 丸子の西川農園。
 ここはジャボチカバというブラジル原産のフルーツを主に栽培しているのですが、コーヒーの木もあり、収穫からコーヒー作り体験ができるとのこと。
 静岡でまさかコーヒー作りができるとは思わなかったので体験してみました。
 まずジャボチカバの農園は温室になっています。 
a0023397_19374009.jpg

片隅にコーヒーの木があり、実がなっていました。
この赤いのがコーヒーの実なんですね(''ω'')ノ
サクランボのような感じです。
a0023397_19400810.jpg

赤または赤黒く熟したものを収穫します。100~120粒くらいでちょうどコーヒー1杯分とのこと。
a0023397_19414738.jpg

収穫したら中の種を出します。
おお~、この部分がコーヒー豆なのですね!
基本的に1粒にふたつ種があります。
ちなみに果肉をかじってみると・・・わりと甘味を感じますが、あと味にエグ味あって、まあそのままでは食べづらいかな。
a0023397_19424435.jpg

 水洗いして綺麗にします。ここまで1時間くらいかな。
a0023397_19473075.jpg

このあとは、いったん家に持ち帰って1週間以上天日干しし、薄皮を剥くと生豆の完成です。
来週以降にまた焙煎をします。
どんな味になるのでしょうか。
楽しみです。

コーヒーはカフェとかで飲むのですが、どうやってできているかはよくわからなかったので、貴重な体験でした。

ちなみに終わったあとジャボチカバのジュースをいただいたのですが、とってもおいしかったです!
100%ジュースなのですが、ただ搾っただけではなく、おいしくするために手間暇かけてつくってあります。
a0023397_19520199.jpg

西川農園
http://plaza.across.or.jp/~marion/
いまのところ、カフェや体験は日曜日のみとなっています。


[PR]

by ma2i | 2016-05-02 19:55 | 体験 | Comments(0)

お茶づくしツアーへGO!

 早朝の茶市場見学へ続き、お茶摘み体験と茶工場見学へGO!
 どんだけお茶好きやねん!
 場所は静岡市葵区松野のクリーンティ松野。
 まずはお茶摘みです。
 エメラルドグリーンの茶畑!
a0023397_17312240.jpg

 ナビゲーターの箕輪さん。お茶の歴史から生産からいろいろなお話がポンポン出てきて、結局1時間くらいお茶摘んでいたような気がします。
 帽子と日焼け止めは必至!
a0023397_17312220.jpg

a0023397_17360128.jpg

 摘み終ったところで目の前で天ぷらにしてくれます。おいしー!
a0023397_17343163.jpg

 お茶工場の見学も。実際に稼働しているのは60日/365日なので、本当にお茶の時期しか見られません。 
a0023397_17312302.jpg
 
a0023397_17381297.jpg
 一緒に参加した若い夫婦は去年東京から裾野へ引っ越してきて、お茶に興味を持って今年は「茶摘み 体験」を検索してツアーに参加したそうです。
 お茶に興味を持っていても、なかなかここまでの行動力を発揮するのはすごいですね。

 お茶の一番忙しい時期に案内をしてくれたクリーンティ松野のスタッフの方々もありがとうございました。

 ツアーは5/15(日)までまだまだ募集しています。
 そふと研究室- リベロツアーのご案内,お茶,静岡お茶づくし体験
 http://soft-labo.net/modules/tour/index.php?lid=81&cid=1
[PR]

by ma2i | 2016-05-02 19:25 | お茶 | Comments(0)

早朝の静岡茶市場へGO!

 静岡で地元密着型のツアーを行っている「そふと研究室」のお茶ツアーに行ってきましたよ。
 まずは朝の6時に静岡茶市場へ集合!
 スタッフから説明を聞いて、茶市場の増井元社長の案内で市場内へGO!
 黄色い帽子が茶市場職員、緑の帽子が荒茶を持ってきた農家さんやJAなど、青い帽子が茶商など。
a0023397_16515959.jpg

 拝見盆に盛られた見本のお茶。1キロあたりの希望値の書いた札が差してあります。高いときはウン万円とかあったそうです。
 いまでもそろばんが使われることがあるとか。しかも5つ玉のそろばんです。
a0023397_16540821.jpg

 拝見場。こちらでは荒茶に熱湯を注いで実際に香りと味を鑑定して最終的に茶商がお茶の値段を決めます。
 農家さんと茶商の商談が決まるとしゃんしゃんしゃんと拍手が起こります。
a0023397_17015853.jpg

いつでも熱湯が注げるようにたくさんのヤカンがスタンバイ!
a0023397_17055385.jpg

見学のあとは自分たちもお茶鑑定の体験をしました。
お茶をみて触って香りをかいだり。
a0023397_17072131.jpg

増井さんがお茶を淹れてくれたり。
a0023397_17083616.jpg

実際にお湯を注いで香りや味を体験します。
右のふたつは10,000円/キロくらいの高いお茶。次が深蒸しのお茶、左が去年の番茶。
熱湯で淹れるので渋いのですが、熱い方が香りが立つし、欠点も出やすいということです。
a0023397_17092951.jpg

 茶市場見学はおよそ2時間で終了。
 おなかが減った頃に朝ごはんへ行きます。
 市場近くの定食屋さんへ。
a0023397_17131084.jpg

 豚汁定食。ボリュームありました。朝からこんなに豪華で食べられないよ!と思いましたがみんなでワイワイしてたら食べてしまいました。
a0023397_17153082.jpg

チラシの裏に書いた手書きのメニューがおもしろい。
a0023397_17154653.jpg
9時前には解散しました。
静岡に住んでいたら絶対一度は行きたい茶市場見学ツアーは5/8(日)までやっていますよ!

そふと研究室- リベロツアーのご案内,お茶,そふとの朝活!早朝の茶市場へ潜入
http://soft-labo.net/modules/tour/index.php?lid=80&cid=1


[PR]

by ma2i | 2016-05-02 19:24 | お茶 | Comments(0)