7/2UNIT LIVE FINAL×CLOSE@伽藍博物堂実験室

鷹匠ファイナルを飾る演劇祭に行ってきました。
a0023397_23221960.jpg


7月2日(金)
20:00
 滝浪倫邦「からん」
 「泣いた赤鬼」朗読プラス。いろんな気持ちに蛇口をつけたらどんな気持ちがあふれ出てくるのでしょうか?

 八街金魚「not too late」
 カフェピアノで行われた公演に+やぶれ金魚の絢さんが加わって八街金魚に。
 基本的には変わらなかったけど最後に待ち合わせの友人が現れて、月刊SMILEを復活させたお話がプラスされていて、話にふくらみが出ていました。前向きな感じでとてもよかったです。
 やっぱり絢さんは独特の雰囲気を持っていますね。
 和さんは本当に妊婦で予定日が7/22。なんか引っかかるなと思ったら私の好きな歌手KOKIAの誕生日です。
 八街さんも夢に向かって羽ばたくOLがよいです。
 久しぶりにやぶれ金魚が舞台に現れて、なんだか懐かしくなりました。
 本当に息の合ったふたりだなあ、と。
 あと、月刊SMILEの冊子が本当に付いててびっくりしました。芸が細かいなぁ。
a0023397_2321264.jpg


 大人演劇部ワンダース「疾風のサミー」「昼下がりのパリジェンヌ」
 いやー、笑いました。ふたり芝居なのですが、ふたりの「間」がとっても良いのです。
 これだから生の芝居を観るのはやめられません。
a0023397_23214858.jpg


 伽藍座長佐藤さんによるトーク
 上演時間が90分と見積もったところ120分くらいかかってしまい、22時過ぎ。
 ちょっと押され気味でトークが始まりました。
 実験室の歴史とかこれからとか。
a0023397_2322294.jpg

by ma2i | 2010-07-03 23:22 | 観劇