雷門音助 二ツ目昇進披露公演@藤枝市民会館

a0023397_21403671.jpg
 着物仲間の3人と藤枝で行われた落語会に行ってきました。
 久しぶりにゆっくりじっくり落語を聞いて、とっても素敵な時間を過ごせました。
 雷門という亭号はあまりなじみがないのですが、寄席名鑑によると6名しかいないようですね。
 雷門助六と門下の小助六、音助。
 故・雷門小福門下の獅篭(しかご)、幸福、福三。
 となっているようです。

 今回は藤枝出身の音助が二ツ目昇進ということで、披露公演が行われました。
 真打ならまだしも、二ツ目で披露公演ってあまり聞いたことないと思っていたら、口上で桂歌丸さんも、落語人生65年で初めてだとおっしゃってました。
 後援会が強いのかな?
 口上は舞台右の上手から桂歌丸(落語芸術協会・会長)、東 京太(落語芸術協会・参与)、音助、助六、小助六の並びでした。

 1.古今亭今いち 「動物園」
 2.雷門小助六 「初天神」
 3.桂歌丸 「つる」
   中入り
 4.口上
 5.雷門助六 「替り目」 踊り「あやつり踊り」
 6.漫才 東 京太・ゆめ子
 7.雷門音助 「粗忽の釘」

 口上は歌丸さんもみなさんユーモアたっぷりでした。
 二ツ目昇進で落語芸術協会会長が同席するのってなかなかないですよね。
 それだけ音助さんに期待しているということでしょう。

 今いちさんは「いまいち」ネタでつかみはOK。動物園もユーモラスでした。
 小助六さんは初天神。親子のやりとりが笑いを誘いますね。
 歌丸さんは「つる」。わりと前座などがやる噺ですが、歌丸さんの十八番のようですね。思わず引き込まれてしまう語りがさすがだと思いました。
 助六さんの「替り目」も酔っぱらいのユーモラスな噺。「あやつり踊り」はとても69歳とは思えない動きでした。筋力がないとあの動きはできないな。
 漫才、とってもおもしろかったです。夫婦漫才の極地かな。息がぴったり。「ねー!」
 音助さんものびのびしてましたね。今後の進化に期待したいです。
 ちなみに藤枝市民会館のホール700席はほぼいっぱいでした。

[PR]

by ma2i | 2016-07-09 22:14 | 落語 | Comments(0)