三遊亭若手二人会 三遊亭楽八・三遊亭わん丈@スノドカフェ七間町

a0023397_08481209.jpg
 落語もぼちぼち足を運んでいます。
 やっぱり生はいいですね。
 大体ホール落語や東京の寄席ですが、今回はカフェでの公演に行ってみました。
 高座なんかもテーブルに赤い布をかけたりしてとってもシンプル。

 で、肝心の落語は非常におもしろかったです。
 持ち時間が40分くらいあるということで、割と大作をやってくれました。
 寄席なんかでは時間の都合で端折るか、聞けないと思います。というか初めて聞いた気がします。
 楽八さんの「柳田格之進」は人情噺で、真面目な武士と商人のやりとりに思わず引き込まれてしまいました。
 わん丈さんは、もう時事ネタのマクラから爆笑で、「お見立て」も終始笑わせてもらいました。

 柳田格之進 楽八
 お見立て わん丈
  仲入り
 トーク

 まだ二人は二つ目ということですが、実力があります。
 トークではふたりの落語家になるきっかけや師匠たちのお話がおもしろかったですね。
 ふたりとも、もともと落語家を目指していたわけではないというところが共通していました。
 楽八さんはもともと芝居をやっていて、わん丈さんはミュージシャンだったそうです。
 そのあたりで落語にも深味が出てくるのではないでしょうか。
 いやー、これを聴かなかった人は非常にもったいない(笑)。

[PR]

by ma2i | 2018-07-07 09:04 | 落語 | Comments(0)